Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

泉州の魚@十六夜 二丁目 

2010/06/05
Sat. 23:55

名古屋の後は大阪で仕事があったので、週末は実家で過ごす。
土曜は、久しぶりに中高時代の友人Tに会った。

先日『ラ・バリック・トウキョウ』でゴージャスディナーをしたKも、今日ごはんを一緒したTも、同じ中高時代の仲間なのだけれど、なぜかTとはナイフとフォークを使う店に行こうという気にはなれず(他意はないけど、気を悪くしたらTごめん!!!)、「大阪らしい店に行きたい」とリクエストしたところ、Tが泉州の旨い魚を出すという『十六夜 二丁目』を予約してくれた。
誰かに連れて行ってもらわないと絶対にわからないと思われる路地裏にあるけれど、20時前には満席になり、けっこう繁盛していた。

生ビールで乾杯して、カレイの3点セット(刺身、骨もついたから揚げ、
senshu1.jpgsenshu2.jpg

オーソドックスな煮付け)、穴子の天ぷら、
senshu3.jpgsenshu4.jpg

水なすの煮びたし、新玉ねぎのホイル焼き(?)、
senshu6.jpgsenshu7.jpg

麻婆茄子
をオーダー。
senshu5.jpg

カレイの刺身は、えんがわ付き。あまりえんがわって食べないけれど、一般的なのはヒラメのえんがわ???
身の部分は思いのほか脂がのっていて、白身魚とは思えなかった。カレイの刺身って初めて食べたかも。
Tイチオシの穴子の天ぷらは、穴子がぷりっとしていて美味しかった。甘めのたれも穴子に合っていたけれど、衣が厚かったのが少し惜しい。
泉州といえば新玉ねぎ、ということでオーダーしたホイル焼きは、玉ねぎが柔らかく、甘くて美味しかった。

泉州ブランドの“犬鳴ポーク”も気になったけど、Tもワタクシも「野菜食べたい」と追加したのは麻婆茄子。

けっこうおなかがいっぱいで、〆の炭水化物も甘いものもナシでお会計。
あまり魚を頼まなかったので、この店の良さを十分感じられなかったかもしれないけれど、Tとのおしゃべりは楽しかった。

創作酒房 十六夜 二丁目 (居酒屋 / 阿倍野、天王寺駅前、大阪阿部野橋)
★★★☆☆ 3.0

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/163-9c763988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08