Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

太陽のかけら 

2010/04/12
Mon. 23:59

ガエル・ガルシア・ベルナルの初監督作品、『太陽のかけら』(2007年/メキシコ 原題:Deficit)を見た。

deficit.jpg

=ストーリー=

妹のエリサ(カミラ・ソディ)とともに、親しい友人たちを招いて別荘でパーティーを開いた金持ちのぼんぼんクリストバル(ガエル・ガルシア・ベルナル)。クリスは彼女がいるにもかかわらず、友人が連れて来た美しいアルゼンチン人のドロレス(ルス・シプリオータ)に一目ぼれする。プールで泳ぎ、バーベキューをし、音楽をかけて踊り、クスリでハイになり楽しい1日を過ごしているかに見えたが・・・
=感想(箇条書き)=

・うーむ。何がいいたいのかさっぱりわからなかった。幼なじみで庭師のアダン(テノッチ・ウエルタ・メヒア)とクリスとの間にいったい何があったのか、明かされるかと思いきや、まったく謎のままだし。謎のまま残してもいい=見ている人の想像にお任せってのもアリ=だとは思うけど、かなり中途半端な感じ。

・あんな馬鹿げたどんちゃん騒ぎはしないだろうけど、この作品を見て、リッチな白人のメキシコ人の元同僚Vのことを思い出した。Vと一緒に仕事をしていたのはもう8、9年前のこと・・・まさに光陰矢のごとし。Vは今どうしてるのかなぁ?などとぼーっと考えてしまった。

・妹エリサを演じたカミラ・ソディは、ガエルの盟友ディエゴ・ルナの奥さんなんだとか!今、『Rudo y Cursi』が公開されているので、そちらも観に行かねば!でも上映してる映画館、少ないんだよねぇ(涙)


=評価=
★★☆(2.5 / 満点は★5つ)

☆はガエルのアップの多さによるプラスなので、彼のファンでない人には薦めません。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/118-78d16868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08