Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

クライマーズ・ハイ 

2010/04/08
Thu. 22:50

『クライマーズ・ハイ』(2008年/日本)を見た。

theclimbershigh.jpg

=ストーリー=

1985年8月。乗員乗客524名を乗せた日航機123便が群馬と長野の県境に墜落したとの一報が群馬の地元紙である北関東新聞社に入る。同紙の記者悠木和雅(堤真一)は、全権デスクに抜擢されるが、同紙史上最大の事件だった大久保・連赤事件で主役だった等々力部長(遠藤憲一)をはじめとする世代はそれが面白くない。
悠木は信頼する中堅記者佐山(堺雅人)を現場に急行させ・・・
=感想(箇条書き)=

・日航機墜落事故に翻弄される地方紙の新聞記者を描いたドラマ。日航機墜落事故を深追いせず、あくまでも記者たちに焦点が当たっていて見ごたえがあった。男の嫉妬、中央紙に対する地元紙の意地、記者としてのプライド、販売部との確執。。。原作は小説であってドキュメンタリーではないのだろうけど、こういう世界って本当にある(あった)んだろうなぁ!と思えた。

・事件から22年後、悠木は、あの日一緒に山に登る約束をしていて、その山で命を落とした安西(高嶋政宏)の息子(小澤征悦)と山に登っていて、当時を回想し、それがきっかけで長年会っていなかった息子に会いに行くわけだけれども、その心境の変化の描き方がちょっと中途半端だったのが残念。原作ではもうちょっとそこが厚めに描かれているのかな?

・堤真一、渋くてカッコイイこういうシリアスな役も、少しとぼけたおっさんの役も、どっちもできるって俳優としても強いよね。


=評価=
★★★☆(3.5 / 満点は★5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/115-7bcaf52d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『クライマーズ・ハイ』

 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高

京の昼寝~♪ | 2010/04/12 12:07

page top

2017-09