Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

キラー・ヴァージンロード 

2010/03/30
Tue. 23:24

『キラー・ヴァージンロード』(2009年/日本)を見た。

kvr.jpg

=ストーリー=

何をやってもびりで、“どん尻びり子”とあだ名されている沼尻ひろ子(上野樹里)は、結婚式の前日に、事故で大家(寺脇康文)を殺してしまう。小さな頃から男手ひとつで育ててくれた祖父(北村総一朗)に花嫁姿を見せたいひろ子は、式が終わるまでは死体を隠そうと決める。大家の死体をスーツケースに詰めて富士山麓の樹海へ向かうと、そこで自殺願望の強い小林福子(木村佳乃)という女性に出会う。小林は死体を隠すのを手伝うので、無事式が終わったら自分を殺すようにとひろ子に無理やり約束させる。行動を共にする二人に、やがて奇妙な友情が芽生え・・・

=感想(箇条書き)=

・俳優の岸谷五朗が脚本を書き監督を務めたという作品なんだけど・・・正直何がしたかったのか、何を伝えたかったのかがさっぱりわからなかった。ミュージカル風に始まったり、ひろ子の祖父への感謝など変に感動的(?)なシーンがあったかと思ったら、もう一人殺してしまいブラックになったり。。。本当にわけがわからず、コメディなんだろうけどまったく笑えなかった。

・キャラクターそれぞれに深みはなく、共感はまったくできなかったけれど、上野樹里、木村佳乃ともけっこういい表情をしていたと思う。女優陣はひろ子小林のキャラクターを理解して演じていたのだろうか。


=評価=
★☆(1.5 / 満点は5つ)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://small2talk2.blog13.fc2.com/tb.php/106-8325eab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08