Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

【マルタ&シチリア旅行:5日目(その2)カルタジローネ&シラクサ】
(マルタ → ポッツァーロ(シチリア) → モディカ → ラグーサ → カルタジローネ → シラクサ)


さて、やってきたのはこちらも世界遺産ヴァル・ディ・ノート後期バロックの町のひとつ、カルタジローネ
この町は陶器の産地として非常に有名で、先史時代から陶器作りが行われていたのだとか。ギリシャ時代に陶器の生産が盛んになり、9世紀のアラブ時代に入ると、アラブ人によりマジョルカ焼きの技術が導入され、イタリアにおけるマジョルカ焼きの技術はここカルタジローネからイタリア各地へと伝わったとのこと。
車を降りてすぐのところにあったサン・フランチェスコ橋も、陶器で飾られていた(↓左)。
caltagirone1.jpg caltagirone2.jpg
この町の最大の観光スポットは、通称ラ・スカーラ、サンタ・マリア・デル・モンテ大階段(↑右)。
カルタジローネの旧市街と新市街を結ぶために造られた142段にも渡る階段で、垂直部分には一段一段、異なる柄のタイルが飾られている。
タイルの柄はさまざまで、魚や花、唐草模様といったものから空想上の動物?など何やら奇妙なものもちらほら。。。(↓)
階段の踏み石の部分はエトナ山の溶岩で、タイルが崩れないように垂直部分をすっぽり覆う、つまり少し出っ張りのある形状になっている。
caltagirone3.jpg caltagirone4.jpg
こちら(↓左)は階段を登りきったところ=サンタ・マリア・デル・モンテ教会前=からの町の眺め。
陶器の町らしく、町のところどころに陶器による装飾が見られた(↓右)。
caltagirone5.jpg caltagirone6.jpg

ラ・スカーラの両脇には、陶器屋がたくさん並んでいて、ウィンドウショッピングも楽しい(ただし、ワタクシが訪れた時間帯はシエスタ・タイムだったため、営業中の店は少なかったが)。
お店の中で絵付けをやっている人がいたので、撮影させてもらう(↓)。
caltagirone7.jpg caltagirone8.jpg
別の店先に飾ってあったもの(↓左)。店主が日本のアニメ好きなのか!?
caltagirone9.jpg caltagirone10.jpg
こちらは、トンド・ベッキオ(↑)。町中にある小さな演劇場というか、演説などに使われていたらしい。

さて、チャーター車を存分に活用して、本日の最終目的地であるシラクサへ。
シラクサは、ギリシャ(コリント)の植民都市として建設され、その後はアテネと並ぶほど栄えた古代都市。アルキメデスの出身地でもある(太宰治の『走れメロス』の舞台でもある)。
現在の新市街にあたるところには古代ギリシア・ローマの遺跡が残り、旧市街のオルティージャ島にはバロックの建築が立ち並ぶ。古代遺跡があることから、ここシラクサは200年以上もヨーロッパの”観光都市”としての歴史があるという。
siracusa1.jpgシラクサで最初に訪れたのは、新市街にあるネアポリス考古学公園
ここの見どころは、シチリア内で最大規模を誇るギリシア劇場(←)。
紀元前3世紀には1万5千人もの観客を収容できたとのこと。現在でも、夏には古代劇やコンサートなどがここで開催されていて、ちょうどシーズンに入る時期だったせいか、工事・整備の真っ最中だった。

siracusa2.jpgこちらは”天国の石切り場”と呼ばれるところ。
紀元前5世紀の都市拡大の際に建物を造るため、多くの石がここから切り出され、石切り場の一番深いところは、高さが45mにもなるという。

siracusa3.jpgsiracusa4.jpg天国の石切り場の奥にある、“ディオニュシオスの耳”。石を切り出した際にできた洞窟で、高さは60m以上、奥行きも20m以上ある。
洞窟の形が人の耳の穴の形に似ていることから、1608年にここを訪れた画家のカラヴァッジョが名付けたといわれている。この洞窟の中はとても音が響くので、僭主ディオニュシオス一世が捕らえた政敵をここに監禁し、その者たちの話を盗み聞きしたという伝説が残っている。
 
siracusa5.jpgこちらは、古代ギリシャではなく古代ローマの時代の円形闘技場
海戦の催しのときに排水につかった水路や、動物(猛獣)たちが通ったであろう舞台下の通路などが残っていて、なかなか興味深かった。

ネアポリス考古学公園の観光は以上で終了。
この後、宿泊先であるオルティージャ島内のB&Bにチェックイン。ドライバーさんに別れを告げ、ここからは島内を徒歩で観光。
町中に残るアポロ神殿跡(↓左)と、アルキメデス広場にあるアルテミスの噴水(↓右)。
siracusa6.jpg siracusa7.jpg

かなり立派なドォーモ(内部の様子は6日目(その1)へ)、その隣にあるサンタ・ルチア・アッラ・バディア教会。この教会内には、カラヴァッジョの『聖ルチアの埋葬』があるのだけれど、開場時間が短く、ワタクシは今回は見ることができず。
siracusa8.jpg siracusa9.jpg

sirakusa10.jpgこちら(→)は、アルトゥーザの泉
海沿いにあるが真水が湧き出ていて、パピルスが茂っている。そのせいか、シラクサの土産物屋には、パピルスでできた紙のしおりやはがきなどが売られていた。

これで長く盛りだくさんの5日目は終了。
時間の関係で行くのは難しいと思っていたカルタジローネにまで足を延ばせてよかった。
ドライバーさん、長時間に渡り、どうもありがとうございました!!!

明日はシラクサからタオルミーナへ向かいます
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

【マルタ&シチリア旅行:5日目(その1)モディカ&ラグーサ】
(マルタ → ポッツァーロ(シチリア) → モディカ → ラグーサ → カルタジローネ → シラクサ)


朝6:30にマルタのヴァレッタ近郊の港を出発するフェリーに乗って、シチリアのポッツァーロへ。
チケットはVirtu Ferries社のサイトから事前にネットで購入。特に混雑するわけでも、割引があるわけでもないので、当日購入でも全く問題はないと思われる。
1時間前にはチェックイン・搭乗するようにとの案内があったので(本当にそんなに早く行く必要があったかどうかは別として)、タクシーの手配は午前5時。眠いぞ~。

ほぼほぼ定刻どおりにのポッツアーロ港に到着。工事中だったので、これから少しは賑やかになるのかもしれないけれど、噂に聞いていた通り、周囲になーんにもない寂しいところ。
ワタクシは今回は太っ腹!(といっても、航空券がマイレージだったのでその分旅費負担は少なかったのだけれど)に、車とドライバーをチャーターしていて、港でのピックアップをお願いしておいたので、その車に乗っていざ、出発

最初に訪れたのは、ポッツアーロ港からは車で30分足らずの、モディカという町。
この町は、1693年にシチリア南東部を襲った地震の後に建てられた、後期バロック建築が印象的な8つの町から成る、ヴァル・ディ・ノート(Val di Noto)後期バロック様式の町として世界遺産に登録されている町のひとつ。
モディカの町は、渓谷の両岸に造られていて、高台の町(モディカ・アルタ)と下町(モディカ・バッサ)の2つに分かれている。
こちらは、階段の上からのが素晴らしいサン・ジョルジョ教会(↓左)。ファサードが半円形になっているのは、いわゆる耐震構造なのだとか。
modica1.jpg modica2.jpg

イタリアの町はそれぞれ守護聖人がいて(ヴェネチアのサン・マルコなどは特に有名)、モディカ・バッサの聖人は、サン・ジョルジョ(聖ゲオルギオス)。彼は馬に乗って龍を退治したという伝説があり、彫像もそのような姿のものが多いのだとか。
modica3.jpg modica4.jpg modica5.jpg

そして、モディカは知る人ぞ知る(?)、チョコレートの町
スペイン統治下の時代に、スペインがアステカから持ち帰ったカカオをそのまますり潰して、砂糖とスパイス(シナモンやバニラ)を混ぜて固めたもので、舌触りが少しざらざらした感じ。今ワタクシたちが普通に食べているチョコレートは、カカオバターを使っているので溶けやすいけれど、こちらはバター状にする前のカカオをそのまま使っているので、高温でも溶けづらいという特徴もあり、おみやげにも最適♪日本にも多少は輸入されているらしく、通販サイトなどで見ると板チョコ1枚1200円とかかなりお高い(でも、現地で買えば3ユーロもしない!)

こちら(↓左)は、そのモディカ・チョコレートの老舗、Antica Dolceria Bonajuto(ボナユート)
観光客でごった返す人気店なのだけれど、ワタクシは開店直後(まだ大型観光バスが来ていない時間帯)だったので、たくさん味見もさせてもらった。
こちら(↓中央)は、ひき肉とチョコレートが中に入ったお菓子、インパナティッギ。シナモンが効いていて、ひき肉が入っているとは知らないと全然気づかない。
そしてチョコレートではないけれど、このボナユートに来たら絶対オススメなのが、こちらのカンノーロ(↓右)。カンノーロはシチリアのどこでも食べられるお菓子(映画『ゴッド・ファーザー』で有名にもなった)だけれど、こちらではオーダーしてから中のリコッタチーズを詰めてくれ、外はサクッとしていてとっても美味しかった
ちなみに(?)、ワタクシは今回の旅行で、リコッタチーズにはまりました。もともと熟成したものよりも、フレッシュチーズのほうが好きだったけれど、フレッシュなリコッタチーズ最高!!!
modica6.jpg modica7.jpg modica8.jpg

こちらは、後期バロック様式に特徴的な、バルコニーに施された女性や空想上の動物の彫刻。ちょっと気持ち悪いというか、趣味が良いとは思えないのだけれど、どーしてこんなのが好まれたのかな?
これを見て、時代はずいぶん下るけれども、ラトビアのリガのユーゲントシュティール建築のことを少し思い出した。
modica9.jpg modica10.jpg 
こちら(↑右)は、モディカ・バッサの守護聖人のサン・ピエトロ教会
階段の両サイドは、12使徒の彫像で飾られている。

modica11.jpg modica12.jpg
モディカのメインストリート、ウンベルト通りの様子(↑左)と、高台の見晴らしのよいところから見たモディカの街並み。このウンベルト通りがもともと川が流れていた一番低いところで、急な両岸に町ができていることがよくわかり、なかなか印象的。お天気も良いし、気持ちがいい~。

モディカを出て、一路、ラグーサという町へ。こちらもヴァル・ディ・ノート(Val di Noto)後期バロック様式の町のひとつ。
ラグーサも、昔からの旧市街(ラグーザ・イブラ)と新市街(ラグーサ・スペリオーレ)の二つの町に分かれている(モディカより町の規模は大きい)。
まずは、イブラ地区の入り口から少し歩いたところにある、サン・ジョセッペ教会。壁には日時計が描かれていた。
ドライバーさんいわく、この教会の隣の建物がイタリアで人気の、検察官が主人公のミステリ&人間模様ドラマの舞台になっているのだとか。 
ragusa1.jpg ragusa2.jpg
ragusa3.jpgragusa7.jpgこちら(←)は、ラグーサ・イブラのドゥオーモ、サン・ジョルジョ大聖堂。 
1693年の地震後、町々の再建のための都市計画を作った建築家ロザリオ・ガリアルディの設計のもの。
教会内部の、龍を退治する守護聖人サン・ジョルジョのステンドグラスが印象的。

ragusa4.jpgこちらは、イブレオ庭園
生えている木々を見ると南国だなぁ、、、と思う反面、庭園内には教会などもあって、ちょっと不思議な雰囲気。

ラグーサ・イブラの町は、古い町ということもあり、狭い路地も多く、なかなか絵になる(↓左)。
当初の計画では、このままラグーサをゆっくり散策して、美食の町(シチリアで最初にミシュランの星をとったレストランは、ここラグーサにあるらしい)ともいわれるラグーサでのんびりランチをとろうかとも思っていたのだけれど、ドライバーさんいわく、かなり走行距離が長くはなる=拘束時間も長くなる=ものの、もう一つ町を巡っても大丈夫とのことだったので、その言葉に甘えて計画変更。

ragusa5.jpg ragusa6.jpg

最後に、イブラ地区の向かいの丘にあるサンタ・マリア・デッレ・スカーレ教会からのラグーサの街並み(↑右)を堪能し、次の目的地へ。

5日目(その2)に続く。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-05