Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

ダイドードリンコの株主優待(2017年3月) 

2017/03/18
Sat. 09:31

dydo201703.jpg半年に一度のお楽しみ(?)、ダイドードリンコの株主優待がやってきた。

今回もずっしり重くてたっぷり充実の内容。

缶コーヒー 9本、
ミネラルウォーター、1本
お茶系飲料 3本
サイダー系飲料 2本
フルーツ系飲料 3本、トマトジュース


新顔は、「大人のカロリミット はとむぎブレンド茶」。
いつもは血圧を下げる燕龍茶がこの位置おさまっていたけれど、こちらの機能性飲料に置き換わった。まだ飲んでいないけれど、はとむぎベースのお茶は飲みやすそう。

これから気温も上がってくると思われるので、冷たく冷やして、美味しくいただきます!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ThisisKyosai.jpg渋谷のBunkamuraで開催中の、『これぞ暁斎!ゴールドマンコレクション』展に行ってきた。
河鍋暁斎(きょうさい)は、江戸末期から明治初期にかけて活躍した画家。歌川国芳に弟子入りしていた浮世絵師でもあり、狩野派の絵師でもあった。注文が来たものは拒まず、真面目な仏画から風刺画まで、さまざまなジャンルの作品を残している。

展示は、

序章 出会い - ゴールドマンコレクションの始まり
第1章 万国飛 - 世界を飛び回った鴉たち
第2章 躍動するいのち - 動物たちの世界
第3章 幕末明治 - 転換期のざわめきとにぎiわい
第4章 戯れる - 福と笑いをもたらす守り神
  笑う - 人間と性(春画)
第5章 百鬼繚乱 - 異界への誘い
第6章 祈る - 仏と神仏、先人への尊崇


という構成。

印象に残ったことをメモ。

・ 風刺画が過ぎ、逮捕されたこともあった暁斎は、枯木寒鴉図で日本画の最高賞を獲得、名誉挽回したとのこと。その際に、その作品に当時は法外な値段といえる「100円」という値をつけたが、栄太郎総本舗がその言い値で買い取ったというエピソードが紹介されていた。鴉の絵1枚の値段ではなく、これまでの精進に対する評価だ、と暁斎は語ったのだという。

・ 個人的には、第2章の動物の絵たちが可愛らしくて好きだった。けれども、地震をおこすといわれるナマズは明治維新で「揺れに揺れている国(日本)」や「役人」を表していて、ナマズをからかう猫=芸者の風刺画を多く残したとの説明も。

・ 虎と豹を描き分けた、「舶来虎豹幼絵説」も素晴らしかった。作品のアイデアも豊富なほか、絵そのもの、写生も上手だったことが良くわかった。

・ 音声ガイドは、今を時めく(?)笑点の司会者、春風亭昇太。第5章では幽霊の落語を聞かせてくれた(笑)。第5章では、「三味線を弾く洋装の骸骨と踊る妖怪」が特に印象に残った。当時この絵は、ものすごく斬新に写ったのだろうなぁ。

絵のことはよくわからないけど、日本画もなかなか面白いと思い出した、今日この頃ここ数年です。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ikedariyoko1.jpg職場のすぐ近くでやっていたので、『デビュー50周年記念展 池田理代子 「ベルばら」とともに』に行ってきた。
池田理代子さんは、1947年生まれ。
学生時代に学生運動に参加、親のすねをかじっていてはダメだと思い生活費を稼ぐため、貸本屋で漫画を描き始め、実力をつけて大手出版社からデビュー。はじめての長期連載で、「歴史ものは当たらない」という編集者の反対を押し切り、「絶対当ててみせます!」と豪語し、1972年に「ベルサイユのばら」は始まったのだとか。池田理代子さんは、高校時代に読んだ小説から、最期はマリア・テレジアの娘として死を目前にした瞬間に輝やいた女性マリー・アントワネットを描きたいと思っていたのだとか。

展示は、貸本屋の漫画の原画、「ベルばら」連載前の週刊マーガレットに掲載された連載の原画などからスタート。
どんどん絵がうまくなっていく様子がよく分かった。

続いては「ベルばら」の展示。
原画はもちろん、「ベルばら」は登場人物の紹介、重要な場面(ドレスを着たオスカルがフェルゼンと踊るシーンとか、マリーアントワネットの最期とか、オスカルとアンドレがとうとう結ばれるシーンとか)のパネル、そして初演から何度も繰り返し公演されている宝塚歌劇団の「ベルばら」のパネルなども。
(大昔、宝塚が好きだった友人に連れられて見に行った、星組(トップは日向薫)の「フェルゼンとアントワネット編」のパネルもあって、ものすごく懐かしかったー


こちらは写真撮影OKのコーナーにあった、宝塚の衣装
アントワネットとフェルゼン、
ikedariyoko2.jpg

そしてオスカルとアンドレのもの
ikedariyoko3.jpg ikedariyoko4.jpg


このほか、池田理代子の「ベルばら」に次ぐ代表作、「オルフェウルスの窓」に関する展示や、「ベルばら」をパロディにした4コマ漫画「ベルばらKIDS」に関する資料も豊富だった。

ちょっと驚いたのは、意外に男性客が多かったこと。
女性と一緒にという人はもちろん、おひとりさまもちらほら。
そしてオリジナルグッズの販売もなかなか充実していた(さすが、高島屋)。
お約束のクリアフォルダはもちろん、便箋や付箋、ベルばらの登場人物の「泣き顔」を集めてプリントしたティッシュとか、マスカラやフェイスパックなどのプチプラコスメなどなど。何も買わなかったけど、見ていてなかなか楽しかった。

ベルばら、文庫セットも出てるみたいだし、もう一回読んでみよ♪

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

アタカマ&ウユニ旅行(9日目~最終日) 

2017/03/04
Sat. 22:26

【アタカマ&ウユニ旅行(9日目~最終日)】
リマ → アトランタ → 成田


帰りは、深夜2時過ぎリマ発のDL150便でアトランタへ(約6時間)、さらにアトランタで乗り継ぎDL295便で成田へ。
帰りの機内では、『ジャック・リーチャー(2016年/米国 原題:Jack Reacher)』『バーニング・オーシャン(2016年/米国 原題:The Deep Water Horizon)』『僕だけがいない街(2016年)』『植物図鑑(2016年)』を見た。
JackReacher.jpg deepwaterhorizon.jpg bokudakegainaimachi.jpg shokubutsuzukan.jpg
『ジャック・リーチャー』はさすがトム・クルーズ、安定感があるというか、娯楽映画としてはよくできていた。トム・クルーズもまた新たな”当たり役”を得たな、という感じ。
『バーニング・オーシャン』はまだ日本未公開ながら、(職業柄)米国公開時から注目していた作品。ハリウッド映画らしく、主人公がもっと英雄っぽく描かれるのかなと思ったら、予想外に淡々と描かれていた。
『僕だけがいない街』は藤原竜也主演のミステリー(?)。漫画が原作とのことで話はなかなか面白かった。
『植物図鑑』は有川浩の甘々恋愛小説の映像化。最後まで、原作のイメージと主演の2人のイメージが合わなかった。。。

13時間超の長い長いフライトの後、成田に到着。お疲れ様でした~。


今回の旅行は、ワタクシにしては珍しく(?)お天気にあまり恵まれず・・・
ただ、4日前に出発した同じツアーはもっと気の毒なことになっていたらしく、まず行きのフライトが強風のため成田から飛ばず(1日遅れて出発)、チリからボリビアへの陸路国境越え(宝石の道)も大雨で寒くて観光どころではなかったとのこと。

次の旅先はすでに決まっているので、次の次は、(せっかくカメラを買ったので、)国内外問わず、星空のキレイなところに行きたいな~。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

アタカマ&ウユニ旅行(8日目) 

2017/03/03
Fri. 22:24

【アタカマ&ウユニ旅行(8日目)】
ラパス → リマ


今日からは帰途につく行程。
ラパス10:30発のLA2563便で、まずはペルーの首都リマへ。
ここでの乗り継ぎ時間が12時間くらいあったので、いったん入国して簡単な市内観光をする。

最初は海沿いにあるラルコマール・ショッピングセンターへ。ここで昼食を済ませ、旧市街へ向かう。
uyuni8-1.jpg uyuni8-2.jpg
uyuni8-3.jpgこちら(↑左)はサンフランシスコ教会
1546年から100年以上かけて建てられた教会で、中にはカタコンベがあるとのこと。木でできた正面のファザードが印象的。

↑右と←は、図書館を兼ねた駅
もともとは駅舎として建てられたが、現在は観光用の列車のみで、普段は図書館として利用されている。天井のステンドグラスが素敵、外にはカフェも併設されていて、なかなかおしゃれな場所だった。

旧市街の中心、アルマス広場へ。
インカ帝国を滅ぼしたフランシスコ・ピサロが造った広場で、スペインの南米支配の拠点となった。
こちら(↓左)は、大司教の住居。木製のバルコニーは、スペイン女性が外を見るため(外から中は見られない)に発展したのだという。こちら(↓右)は、大統領府。TVカメラ&クルーが入っていたので、これから何か会見なりイベントなりが催されるのだろうか。。。
uyuni8-4.jpg uyuni8-5.jpg
こちら(↓)は、カテドラルと広場中央の噴水。
lima2017.jpg

夕食は、ペルーでも人気があるという海沿いのシーフードレストランにて(↓)。
uyuni8-6.jpg uyuni8-10.jpg
紫トウモロコシのジュース(チチャモラーダ)で乾杯し、前菜のセビッチェ(白身魚のマリネ)、メインは魚介のリゾット、デザートはアイスクリーム。
どれも日本人好みの味でなかなか美味しかった(胃薬が効いて、まったく食べられないという状態からは脱することができた)。
uyuni8-7.jpg uyuni8-8.jpg uyuni8-9.jpg

夕食後、リマの空港へ。
深夜便でアトランタへ向かいます。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

アタカマ&ウユニ旅行(7日目) 

2017/03/02
Thu. 22:22

【アタカマ&ウユニ旅行(7日目)】
ウユニ → ラパス


ウユニからラパスまでは飛行機で移動。
ウユニの空港付近は連日の雨で水浸し・・・(↓左)。
Amaszonas航空というちょっと怪しい(?)キャリア(↓右)で不安に思っていたら、機体トラブルで乗る予定だったフライトが1時間ほど遅れたものの、無事ラパスに到着。
uyuni7-1.jpg uyuni7-2.jpg
ボリビアの事実上の首都(憲法上の首都はスクレ)、ラパスの空港はエル・アルト地区と呼ばれる標高の高い地区にあり、なんと4100m!ラパスの町はすり鉢状になっていて、最も高いところと低いところとでは、1000mも違いがあるのだとか。
市内の公共交通機関、ロープウェイ(イエローライン)に乗って、すり鉢状のラパスの町を見下ろした(↓)。
このロープウェイは”ミ・テレフェリコ”といい、赤、黄、緑の3ラインが運航中。運賃は3ボリビア―ノ(約0.5米ドル)と格安。
ラパスの町の標高の高いところは貧しい人たちが住む地域になっていて、道路も整備がされていなくて階段も多い(車では通れないところが多い)。高度が低くなるにつれて、暮らす人の経済力も上がり、中腹より下になると高層ビル(住居用のマンション)も林立していた。
uyuni7-4.jpg uyuni7-3.jpg


uyuni7-5.jpgロープウェイから見たラパス(←)。
遠くに住宅がないエリアが見えているけれども、そこは地盤が弱く土砂崩れが起こりやすいところで、住宅を造ることが禁じられている地域なのだとか。ラパスでは地震はないが、土砂崩れが頻繁に起こっているとのこと。
uyuni7-6.jpgロープウェイを下り、車で”月の谷”と呼ばれる、氷河によってできた奇岩が見られる谷へ。
uyuni7-7.jpg月の谷の展望台からの眺め。
谷の周りをくるっと1周する遊歩道があるのだけれど、ワタクシたちはこの展望台までの道を少し歩いただけで観光終了。
入口のお土産物屋が小さいながら、わりと可愛らしい雑貨がたくさん売られていた。

昼食は、ラパスの高級日本食レストラン『New Tokyo』にて。胃が弱っていたにもかかわらず、しっかり食べてしまったため、この後、痛い目にあうことに・・・

ラパスの中心、ムリーリョ広場を観光。
正面に見えるのがカテドラル(↓左)、ボリビア独立の英雄ムリリョの像(↓右)。
uyuni7-8.jpg uyuni7-9.jpg
こちらは、「新しいこと、これまでないことをやってみよう!」という意気込みの表れ(?)、時計の針が逆の国会議事堂(↓左)。そのお隣はボリビアの国章(↓右)。中央にはアルパカとポトシ銀山が描かれていて、その上にはコンドルがあしらわれている。
uyuni7-10.jpg uyuni7-11.jpg
uyuni7-12.jpg国会議事堂の前には、ボリビアの国旗(赤、黄、緑)のほか、ウィファラという先住民を象徴する旗も飾られていた。
ちなみに、ボリビアの正式名称は、「ボリビア多民族国」。

続いては、リナレス通りとサガルナガ通り、別名”魔女通り”という、民芸品を売っている通りへ。
家を建てるときに埋めると良いとされるリャマの胎児のミイラ(↓左)や、大地・豊穣の神パチャママに捧げるお供えのお菓子や人形(↓右)、魔除けのお守り、さらにはコカの葉っぱなども売られていた。
uyuni7-13.jpg uyuni7-14.jpg
日本人観光客向けに、「日本人デザイナーのアルパカ織物の店」もデカデカと看板が出ていた。アルパカ製品は、小さな露店でも、手袋や帽子、マフラーなどが手ごろな値段で売られていた。

最後に訪れたのは、サンフランシスコ教会
もともとはスペイン人入植者が建てたもので、カトリック布教にあたり土着のパチャママ神(↓右)も取り込まれている。
uyuni7-15.jpg uyuni7-16.jpg
なお、スペイン人は、インカ帝国に支配されていたボリビアの人々に対して、「敵(インカ)の敵(スペイン)は味方」ということで友好的に近づき、スペインに協力した人たちに農業をさせたり、鉱山の働き手にしたりして、虐殺はせず重用したのだという。ポトシなど銀山の働き手にはアフリカから奴隷も連れてこられたが、高山病などに悩まされ、原住民(ケチュア族やアイマラ族)に頼らざるを得なかったようだ。

saltchoco観光終了後は、ホテル(5つ星)にチェックイン。近くのスーパーにお土産などの買い出しに出かけた。
買ったのは、”Para Ti(パラ・ティ)”というブランドのチョコレート(ウユニの塩の入った板チョコや、キヌアが入った板チョコなど)、チアシードなど。キヌアを買っている人も多かった。

夕食はホテルのレストランで。ステーキなど美味しそうな食事だったものの、胃の調子が最高潮に悪く、まったく食べられず。
胃薬を飲んでおとなしく寝ました

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

アタカマ&ウユニ旅行(6日目) 

2017/03/01
Wed. 22:20

【アタカマ&ウユニ旅行(6日目)】
ウユニ塩湖



uyuni6-2.jpg早朝、朝日鑑賞。
しかし、今回も雲が多くて・・・
uyuni6-3.jpg朝日鑑賞の後は、少し写真タイム。

写真撮影用の小道具として、ところどころにタイヤが置いてあり、それを使って2パターン。
ワタクシ個人的には、↓左の写真がお気に入り

uyuni6-4.jpg uyuni6-5.jpg

こちら(↓動画)は、ぜんぜん揃ってないですが(汗)、みんなで行進




[広告] VPS


uyuni6-7.jpg salt.jpgホテルに戻って朝食をとり、その後、ウユニ塩湖のすぐ近くの村、コルチャニ村の塩の精製所を見学(←)。
ここでは、塩は次のように作られる。
1) ウユニ塩湖から結晶になったばかりのキレイな塩をかき集めてきて、2) それをピラミッド型の小山にして天日干し。
3) さらに村に運んできて天日干しして、4) 火で熱して水分を飛ばす。
5) 仕上げにヨードを加えて粉砕機でパラパラ・さらさらの塩にして、6) 目分量で袋詰め、袋の口はビニール袋をガスバーナーで熱して閉じる。

コルチャニ村には塩の精製所が6か所ほどあり、毎年2.5万トン前後の塩が出荷されているとのこと。ただ、それだけでは生活も苦しく、最近はお金になるキヌアの栽培などに商売替えする人も少なくないのだとか。
この塩の精製所でお土産(ばらまき)用の塩(→)を購入。岩塩タイプとさらさらの粉のタイプと2種類が販売されていた。
続いては、再びウユニ塩湖へ。
最初に訪れたのは、”塩の目”(↑右)という、ガスがプクプクと湧きあがっているところ。
地元の人は、温泉のように何か効能があると思っていて、ここに足をつけて足湯(?)をする人もいるのだとか。
uyuni6-8.jpg

uyuni6-9.jpg塩湖の水の量が少なければ車もスピードが出せるため、塩湖の中央にあるフォトジェニックなインカワシ(魚の島)にも行く時間があるとのことだけれど、これだけ水があると車は徐行運転しか無理で、インカワシへは行けず。ちなみに乾季だと、時速100㎞くらいでぶっ飛ばせて、気分爽快らしい。

雨季でも水がたまらず、真っ白な塩の大地が見えることはあるらしいのだけれど、ワタクシたちが訪れたときは雨量が多く、干上がっている場所を見つけることはできず。ただ少し水が少ない場所では、六角形の模様が透けて見えた。

ダカールラリーの開催を記念して作られたモニュメント(↓)と、塩湖の中に最初にできたホテル、プラヤ・ブランカの近くにある国旗が飾られたスポット。
uyuni6-10.jpg uyuni6-11.jpg
青空も見えてきたところで、トリック写真撮影大会(↓)。
このほかにもいろいろ撮影したけれど、ほんの一部のみ紹介。
uyuni6-13.jpg uyuni6-14.jpg
塩を干すためのピラミッド(小山)=モントネス・デ・サル。いやぁ、絵になりますねぇ・・・
uyuni6-15.jpg

パノラマ写真の機能を使ったトリック写真(↓)。ワタクシが3人♪
uyuni6-16.jpg
uyuni6-12.jpgこれぞ、空中散歩
ホントに空を歩いているみたいで、気持ちが良かった~。

2度目の夕日鑑賞。
昨日と同じような感じでした(花嫁の数は少なかった!)。
uyuni6-17.jpg uyuni6-18.jpg

これにてウユニ塩湖にはお別れ。。。
明日はボリビアの首都、ラパスに向かいます。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-03