Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

Bunkamuraミュージアムで開催されている、ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞に行ってきた。
kunisadakuniyoshi.jpg

歌川国芳と歌川国貞、幕末に大人気だったというこの二人の浮世絵師の作品の展覧会。展示されていた作品はすべて、ボストン美術館所蔵のものとのこと。ボストン美術館、かれこれ15年近く前に一度行ったけど、浮世絵のコレクションは全然見なかったなぁ・・・(若干、後悔。いや、この機会にとっておいたと思っておこう)。

歌川国芳(1798 - 1861)は豪快な武者絵と大胆な構図が、歌川国貞(1786 - 1865)は粋な美人画や緻密な表現が特徴で、二人とも幕末に活躍した浮世絵師。

構成と、印象に残ったものをここにメモ。

一幕目の一 骸骨彫物伊達男(スカル&タトゥー・クールガイ)
本展覧会のポスターにも使われている、髑髏が印象的な『国芳もやう正札附現金男 野晒悟助』
猫が組み合わさって髑髏にしているところがとても面白い(国芳は大の猫好きで知られる)。

一幕目の二 物怪退治英雄譚(モンスターハンター&ヒーロー)
このエリアのハイライトは、3枚の絵のうちの2枚を使って大きく描かれた骸骨が一度見たら忘れられない、『相馬の古内裏に将門の姫君瀧夜叉妖術を以て味方を集むる 大宅太郎光国溶解を試さんと爰に来たり竟に是を滅ぼす』。国芳の代表作のひとつと思われ、グッズもたくさん売られていた(ワタクシも思わず手ぬぐいを買ってしまった)。

一幕目の三 畏怖大海原(ホラー・オブ・ウォーター)
為朝(ためとも)を助けに来た天狗がモノトーンで描かれた国芳の『讃岐院眷属をして為朝をすくふ図』は面白かった。モノトーンで描くという発想はどこから湧いてきたのだろう???

一幕目の四 異世界魑魅魍魎(ゴースト&ファントム)
娘を殴り殺そうとする老婆が大迫力の、国芳の『観世音霊験一ツ家の旧事』。この老婆は、若い美しい娘を使って旅人を引き入れ、寝入ったすきに旅人を殺して金品を盗んで生計を立てていたが、あるときこの娘が旅人の青年に一目惚れしてしまい、その青年の身代わりとなって老婆に殺されたというエピソードがもとになったもの。

一幕目の五 天下無双武者絵(サムライウォリアー)
柴田勝家の勇猛ぶりを描いた国芳の、『水瓶砕名誉顕図』は、勝家に倒された敵方の武将たちが宙を舞っていたりして、映画のワンシーンのようだった。

二幕目の一 三角関係世話物(トライアングル・オブ・ラブ)

二幕目の二 千両役者揃続絵(カブキスター・コレクション)
淡いバックの色使いと紋様がポップだった国貞の『御誂三段ぼかし』は素敵だった。

二幕目の三 楽屋裏素顔夢想(オフステージ)
芝居小屋の様子を描いた作品が数点あり、ごちゃごちゃしているけれども、一人ひとりちゃんと表情や着物が描き分けられていて関心した。

二幕目の四 痛快機知娯楽絵(ザッツ・エンターテインメント)

二幕目の五 滑稽面白相(ファニー・ピープル)

二幕目の六 今様江戸女子姿(エドガールズ・コレクション)
国貞の代表作、『当世三十二相』から6点。ポスターに使われている、手紙をくしゃくしゃにしている女方が描かれているのは『よくうれ相』
国芳の作品は、『縞揃女弁慶』シリーズが多く展示されていた。天保の改革で質素倹約が奨励され、華美なものが禁止された時代に、縞模様(ギンガムチェック)の着物が流行ったのだという。

二幕目の七 四季行楽案内図(フォーシーズン・レジャーガイド)

二幕目の八 当世艶姿考(アデモード・スタイル)
この最後のコーナーのみ写真撮影が許されていたので、いくつか紹介。

こちら(↓)は、いずれも国貞の作品で、口紅だけ赤い色が入っているが、残りは藍と墨の濃淡で表現されているもの。背景には夜桜が描かれていて、今の季節にぴったり?!
kk1.jpg

こちら(↓)左も国貞の作品で、『本朝風景美人競 陸奥松島』、右の作品は、『見立邯鄲』。団扇の透け感が印象的。
kk2.jpg kk3.jpg

こちら(↓)も国貞の作品、『全盛遊 三津の あひけん』。左からだと、大坂新町、江戸新吉原、京嶋原
kk4.jpg

これ(↓)も国貞の作品で、それぞれ着物の柄がひな人形だったり羽子板や毬だったりと、とっても凝っていてゴージャス。人形屋(?)がスポンサーになって描かせたものなのだろう、とのこと。浮世絵は江戸時代は当時のポップカルチャーであり、さながらファッション雑誌のようなものだったようだ。
kk5.jpg

作品数も多く、展示の仕方も工夫されており、解説も丁寧で、かなり楽しめた。
ワタクシは、ダイナミックでやんちゃな感じのする国芳の作風のほうが好き
ちょっとでも興味があれば、足を運ぶ価値アリ。おすすめです!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

讃岐うどん屋めぐり ミニ旅行 : 2日目 

2016/03/21
Mon. 17:44

【2日目 : 新規開拓1店と小豆島】


さて、2日目の朝ごはんはもちろん、うどん!
みんなお気に入りの、バリバリ硬めのぶっかけうどんが名物の『山下』で、もちろん、ぶっかけをオーダー(↓)。
うん、旨い♪
2016udon11.jpg 2016udon12.jpg

続いては、新規開拓で、『山とも』へ。
ここは2015年6月にオープンした比較的新しいうどん屋さんで、山内うどんをベースに、元祖宮武うどんの大将がダシを監修して作ったとのこと。であれば、ダシを楽しまなければ、ということで、かけうどん(ひやあつ)をオーダー(↓)。麺はかなり細め、でもコシはしっかり。ダシはパンチがあるものを想像していたけれど、思ったより上品(?)な感じだった。
2016udon13.jpg 2016udon14.jpg

当初の予定では、3連休ということもあり帰りが渋滞するだろう、、、ということで、大坂に戻ってボーリングでもやろうか、と言っていたのだけれど、なぜか(?)お義兄さんが、「小豆島に行きたい」と言い出し、なりゆき・無計画で小豆島に渡ることに。
高松からフェリーで車ごと渡り、さらに神戸へ渡るというプランも浮上したものの、小豆島から神戸までは3時間もかかるということで断念。で、車を高松において、人間だけ小豆島に渡り、現地でレンタカーでも借りてみよう、ということに。

フェリーで小豆島の玄関、土庄港に到着(↓右)。
港近くの観光案内所でレンタカーを借りようとするものの、なんと「全部で払ってます」と。ちょうど前日3月20日から瀬戸内国際芸術祭が始まっていたせいもあるのだろうか、それともこの日が小豆島高校の甲子園での初戦で、島中の住民の大半(?)が応援に行ってしまい開店休業状態だったせいもあるのだろうか。。。
2016udon15.jpg 2016udon16.jpg

ということで、土庄港から歩いて行ける観光スポット(?)をめぐることに。
まずは、小豆島といえば『二十四の瞳』、港の近くの公園にある二十四の瞳平和群像(↓左)を見に。ジェネレーション・ギャップなのだろうか、甥っ子も姪っ子も『二十四の瞳』がどんな話か知らなかったけど
続いては、ギネスブックでも認定されているという、世界一狭い海峡、土渕(どふち)海峡(↓右)へ。小豆島本島と、前島という島の海峡で、最狭幅は9.93mとのこと。
2016udon17.jpg 2016udon18.jpg

そして、迷路のまちを散策(↓)。
2016udon19.jpg 2016udon20.jpg

2016udon21.jpg14世紀、南北朝の争乱の際に小豆島が戦場になったことがあり、そのときに敵からの攻撃を受けにくくするため、迷路のような複雑な町にしたことが、この迷路のまちのルーツなのだとか。
瀬戸内芸術祭の展示もいくつかあったり(↑左)、古民家を改装したちょっとこじゃれたお土産物やさんやカフェなども点在していた。

迷路のまちで目についたのは、いろんな表情の小さなお地蔵さん(↑右)。
これは漁に使うブイを再利用して、地元の学生などが作っているものらしく、あちこちに並べられていた。

こちら(→)は、迷路のまちの端にあるお寺、西光寺の三重塔

時間もなく、車もなかったので、小豆島観光(?)は、これにて終了。。。
次回は、ちゃんと計画を立ててきたほうがよさそうです。

甥っ子姪っ子たちとこうやって旅行ができるというのは、ありがたいことです。
いつも、どうもありがとう

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

讃岐うどん屋めぐり ミニ旅行 : 初日 

2016/03/20
Sun. 21:39

【初日 : 新規開拓2店と大歩危・小歩危】


姉の家族と一緒に、久しぶりに讃岐うどん屋めぐりへ。
渋滞を避けるべく、大阪は堺市の姉の自宅を早朝5時過ぎに出発

出発後は後部座席の3人(甥姪とワタクシ)は爆睡、8時過ぎには高松へ到着。
1軒目は、新規開拓の店で朝早くから営業している『中西うどん』へ。
姉夫婦たちが仕入れた事前情報によると、ここは、太めの麺といりこの出汁が特徴とのこと、オーダーしたのは、かけうどんの(小)と半熟卵の天ぷら(↓)。いりこのだし汁は美味しかったけれど、ワタクシには少し塩気が強かった。麺は太めでコシがあり、今後機会があればまたリピートもありかな~。新規開拓としては成功♪
2016udon1.jpg 2016udon2.jpg

続いても新規開拓。とり天ざる、いか天ざるで有名な、『うわさの麺造』へ。
コチラでは、名物のとり天ざる(小)をオーダー。小サイズでも、とり天(鶏のから揚げ)は6つも付いているのでボリューム満点(ちなみに、大はうどんの量が多いだけで、とり天の数は同じ)。
オーダーしてからとり天を揚げてくれているようで、揚げたてのアツアツが食べられる。衣さくっと、中の鶏はジューシーで、から上げとしての完成度はかなり高い。とはいえ、2軒目だったしボリュームがありすぎ、完食は無理。
うどんは細めでつるっとしたのど越し。ただ、あくまでもワタクシのイメージだけれども、讃岐うどんっぽい感じが全然しなかった。
2016udon3.jpg 2016udon4.jpg

2016udon5.jpg腹ごしらえを済ませた後は、大歩危・小歩危エリアへ。
実は、昨年の夏にも甥姪たちとラフティングをしようとこちらのほうまで来たのだけれど、あいにくその日は集中豪雨。。。
コーヒー牛乳色の吉野川の濁流の中、ちょこっとだけ(恐怖の)ラフティング体験したにとどまってしまった(といっても、あの天候、水量でラフティング体験ツアーを敢行した会社もどうかと思う・・・中止にしろよ~)という苦い経験があり、今回はそのリベンジ。

でも今日は気持ちの良い快晴水の色もとってもきれいですがすがしい!
2016udon6.jpg川下りはしなかったけれど、きれいな景色を見てしばし、いのちの洗濯(?)

さらに、ここまで来たのであれば、と、国の指定重要有形民俗文化財である祖谷のかずら橋(↓左)への足を延ばした。
渡るのに(片道の一方通行)550円とはなかなかいいお値段だけれど、まぁ、せっかくなのでとみんなで渡った。
かずら橋は、シラクチカズラで造られていて、重さは約5トンにもなるのだという。長さ45m、幅2m、水面上14mにもなり、3年毎に架替えが行われるのだという(通行料はそのための費用ということだ)。(

↓右の滝は、琵琶の滝。昔、平家落人が京の都をしのび、この滝で琵琶をかなで、つれづれを慰めあっていたことから名付けられたのだとか。
2016udon7.jpg 2016udon8.jpg

さて、本日の観光はこれにて終了。
3軒目のうどん屋は、まんのう町にある『小縣家』
”元祖しょうゆうどん”と大きく看板に書かれているこちらは、大根おろしを自分ですって入れて、特製のオリジナル生醤油をかけ、すだちをさっと絞って食べるのが特徴。
ということで、オーダーしたのは、しょうゆうどん(小)。
大根は4人分まとめて、ということで30cmくらいもある長いものが出てきた(甥っ子が頑張ってすってくれた)。人気店で忙しいのはわかるけど、せめて2人分くらいの長さで出してほしい・・・長すぎるとするのも大変ですから!!!
大根のシーズンも終わったし、急いですったから余計になのか、大根おろしがかなりからかった・・・とはいえ、こちらのうどんはのど越しもつるっとしていて安定のおいしさ。
2016udon10.jpg 2016udon9.jpg

その後、近くのスーパーで夕飯(といっても軽め)のバーベキューの具材を仕入れ、本日の宿泊先、国営讃岐まんのう公園内のロッジへ。
久しぶりに真剣に(?)七並べをして、楽しかった(笑)。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

月曜の朝にシンガポールで仕事があり前日には入っていないとまずかったので、それであればと土曜の夜行便に乗り、日曜はシンガポールで過ごすことに。

羽田発22:55発のSQ635は、シンガポールには翌日の早朝5時過ぎに到着。
宿は確保していなかったのだけれど(出張旅費としては日曜の晩からしか認められないので)、荷物はとりあえず置きたいし、部屋が空いていたら使わせてもらえるだろうとの淡い期待をもって、とりあえずはシンガポールの繁華街、オーチャードのホテルへタクシーで移動。
日頃の行いが良いせいか(?)、ラッキーなことに部屋がひとつ空いており(満室だったけれどもアーリーチェックアウトした人がいたとのこと)、追加料金なしでアーリーチェックインさせてもらえることになった\(^o^)/

少し休憩して、昨年世界遺産に登録された、シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)を散歩してみた。
この植物園は、この園内にある国立蘭園(オーキッド・ガーデン)を除き、無料で入場が可能。


ワタクシは、オーチャード通りから歩いたので(バスに乗ろうと思ったのだけれど、乗り場がよくわからず)、メトロの駅のない南側のゲート、タングリン・ゲートから入場(↓)。
sbg1.jpg
写真には写っていないけれど、日曜の朝ということもあり、園内はジョギングをしている人や、公園内の芝生の広場で太極拳らしきものをしているグループ、犬の散歩をしている家族連れなどで、けっこうにぎわっていた。
しばらく歩くと、”SAGA”という古い大きな木が見えた(→)。小さな赤い実がなる木とのこと。
sbg2.jpg
こちらは、“Vanda Miss Joaquim(バンダ・ミス ジョアキム)”というシンガポールの国の花。蘭(ラン)の一種で、1893年にシンガポールで初めて交配された種類の花なのだという。sbg3.jpg

こちら(→)は、ジンジャー・ガーデン内の池。え???こんな背の高い木も、生姜の仲間なわけ???
sbg4.jpg

続いては、有料の国立蘭(ラン)園、オーキッド・ガーデンへ。
南国に来たな~という感じがします。
sbg5.jpg sbg6.jpg
温室には、色とりどりの蘭(ラン)が。本当に蘭(ラン)って種類が豊富
sbg7.jpg sbg8.jpg

各国のVIPにちなんだランが並んでいる、VIPガーデン強調文
日本の天皇・皇后両陛下や、雅子妃殿下にちなんだものもあったけれど、観光客に人気だったのは、やっぱり英国王室の故ダイアナ妃のメモリアル。白い、気品あるお花でした(↓中央と右)。
sbg9.jpg sbg10.jpg sbg11.jpg

この後も、広い園内を歩き回り(けっこう疲れて写真を撮る気力はなくなったけど)、北側のゲートへ。
国土の狭いシンガポール、それも繁華街から歩けるこの公園は、文字通り市民のオアシスなんだろうなぁ・・・

ただ、ワタクシは比較的朝早い時間に行ったけれども、それでも暑くて、かなり体力を消耗したので、これから行く人は、お水(飲み物)と日傘or帽子などの日よけグッズも忘れずに!

ランチはチャイナタウンで、飲茶をたっぷり((散歩で腹ごしらえはばっちり!)いただきました♪

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ダイドードリンコの株主優待(2016年3月) 

2016/03/12
Sat. 15:52

ダイドードリンコの株主優待が到着。

相変わらずの充実ぶり、その内容は、
・ ダイドーブレンド ブレンドコーヒー
・ ダイドーブレンド うまみコーヒー 3缶(新商品)
・ 世界一のバリスタシリーズ 2缶
・ ダイドーブレンド デミタスコーヒー
・ ダイドーブレンド BLACK
・ ダイドーブレンド アイスコーヒー
・ たらみのゼリー くだもの屋さん 6個
・ おいしいトマト (トマトジュース)
・ フルーツオレ
・ 燕龍茶レベルケア
・ 贅沢香茶ジャスミンティー
・ ミウ
・ マスカットスパークリング
・ 2つの食感ソーダゼリー グレープ
・ 純粋サイダー
・ ピーチネクター
・ さくらんぼもも
dydo201603.jpg

という内容。
毎度のことながら、これを目当てにダイドーの株を持っている人の数も多いと思われ、優待品の配達もけっこう大変だろーなー。
郵便局の人も、お疲れさまです!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ふるさと納税 - 北海道上士幌町 

2016/03/06
Sun. 11:18

kamishihoro2015.jpg2015年の暮れに寄付をした、北海道上士幌町のふるさと納税のお礼の品が届いた。
酪農の町、上士幌町(かみしほろちょう)からいただいた特産品は、アイス工房ドリームのジェラートのセットで、
ミルク 4個、ブルーベリー、ラズベリー、抹茶、ゴマ、イタリアンチョコ 各2個、
合計14個というもの。

さっそくミルクのジェラートをいただいたみたところ、ミルクの味は濃厚だけど、甘さや乳脂肪分は控えめで、思ったよりずーっとさっぱりしていた。
カップにすりきりいっぱいまで、密度の濃い(空気の含有量が少ない)ジェラートがぎっしりと詰まっていて、食べごたえも十分。

これからゆっくり、おやつにいただきまーす♪


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

カゴメの株主優待(2016年春) 

2016/03/05
Sat. 18:08

kagome201603.jpgカゴメから株主優待が到着。

定番のカゴメトマトケチャップ、
野菜生活 白桃ミックス、
果汁100%濃縮還元ミックスジュース、
カゴメトマトジュース(濃縮トマト還元100%) 高リコピントマト使用、
ガリトマ チキン用、
巻かないロールキャベツ用ソース、

という内容。

おかず系の合わせ調味料(?)が2種類も入ってるけど、うーん、正直、使わないんだよね。
まあ、これで一度試してもらって気に入ったら購入に、という思惑があるのだろうけれど、ジュース類のほうが手軽に消費できるので、ジュース類を多めにしてもらえると嬉しいなぁ・・・

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2016-03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。