Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

いのうえ歌舞伎 蒼の乱 

2014/03/30
Sun. 20:12

aonoran.jpg

お芝居好きの友人Iちゃんと一緒に、劇団☆新感線の舞台『蒼の乱』を観てきた。

=あらすじ=

時は平安時代中期。平将門、藤原純友の乱(承平天慶の乱)が起こったころ。
占いのため左大臣の屋敷に招かれた渡来衆の蒼真(天海祐希)や桔梗(高田聖子)は、国が乱れるという結果を出したために屋敷内で襲われ、屋敷の警護に当たっていた平将門(松山ケンイチ)に助けられ、将門の故郷の関東へ向かう。
関東に戻り国を治めた将門だが、蝦夷の王、常世王(とこよおう・平幹二郎)に共感し、腐りきった貴族の世の中を改め新しい国造りをしようと朝廷を相手に反乱を起こすが、蒼真(天海祐希)が故郷で反乱を起こしたがのちの政治に失敗したことを知り、蒼真を斬りかかってしまう。この自分の行いにショックを受けた将門は姿をくらまし、その後は蒼真が“将門御前”と名乗り、反乱軍を指揮する。
都に上った将門は、朝廷貴族の弾正叔人(だんじょう よしと・梶原善)の計らいで、常世王がもともとは朝廷のやんごとなき身分の人間だったことを知り、常世王に操られた関東の反乱を早期に終わらせるべく、朝廷軍の副将軍として戦うことになる。
蒼真将門は敵味方として再会し・・・

=感想=

・ 天海祐希がかっこよかった。手足が長くて舞台映えするー!

・ これが舞台の醍醐味なんだろうけれど、舞台装置は大がかりで面白かった。よく考えて造られているよね、と感心した。

・ ストーリーは正直なところイマヒトツ。坂東の草原を吹き抜ける“風”に例えられているとはいえ、将門があまりに立場を変え過ぎ、ふらふらしていて魅力がない。

・ キャラクターとして可愛らしかったのは、将門の元婚約者の那香(くにか・森奈みはる)と、将門の相棒(愛馬)である黒馬鬼(くろまき・橋本じゅん)。ほんと、将門は周囲の人にはとても恵まれていたはずなのに、なんであんなキャラになったんだ?それとも、周りが放っておけないってこと??

・ 東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエの上)の2階席だったのだけれど、かなり急勾配だった。3階席なんかもっと怖そう・・・



なかなか見応えがあったので、これをきっかけに、もうちょっと頻繁に、お芝居とか観に行ってもいいかも、と素直に思えた。
久しぶりに(ってもう四半世紀近く行ってないけど)、宝塚とかも観に行きたくなった。

チケット手配してくれたIちゃん、どうもありがとう。また行きましょう♪


スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

【長島スパーランド&なばなの里 ミニ旅行:2日目】


さて、2日目の今日は、ワタクシと姉は、まず朝イチで再び、なばなの里へ。
甥姪とお義兄さんは、しばらくはホテルでのんびりして、スパーランドの開園時間にダッシュするとのことなので、別行動。
nabana-7.jpg nabana-8.jpg 夜のライトアップ時とはまた違って、青い空の下でのしだれ梅もとってもキレイ

園内に咲いているお花も、暗いと見えないので、明るい時間に訪れるのもオススメ。

ここ、なばなの里のメイン・アトラクション(?)は、ベコニア・ガーデン
大輪のベゴニアのほか、世界各国から集めた数百種・1万2千株の絢爛たる花々が、4つの温室で育てられている。
入口スグのところに、記念撮影スポットあり。ほんと、色とりどりのベコニアに圧倒された。
nabana-1.jpg

ベコニアの1つの花の寿命はスタンドタイプ、ハンギングタイプとも約7~10日間で、花株はスタンドタイプで平均4か月、長いもので半年以上も咲き続けるのだという。それでも、1年を通じてこの状態を保つのは、大変なんだろうけれど。
nabana-2.jpg nabana-3.jpg nabana-4.jpg

朝早い時間で、しかも平日だったこともあり、まさに貸切状態。
nabana-5.jpg nabana-6.jpg

残念ながら、バラ園はシーズン・オフのため入れなかったけど、ベコニア・ガーデンだけでも大満足でした。

この後、ワタクシは遊園地(スパーランド)で絶叫マシン【スチールドラゴン2000】と【フリーフォール】に乗り、さらに隣接するアウトレットモール『ジャズドリーム長島』でお買いもの(といっても、あまり買っていない)。
かなり広いアウトレットで、ブランドも充実していたので、買い物モードであればかなり楽しめそうだった。

買い物の後、またスパーランドに戻ってちょっとだけ乗り物で遊び、16時ごろに解散。
盛りだくさんの2日間でした

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

【長島スパーランド&なばなの里 ミニ旅行:初日】


高校受験の終わった甥っ子、中学受験の終わった姪っ子の家族旅行に便乗し、1泊2日で、三重県にあるナガシマリゾートへ。
ワタクシが長島を訪れたのは、もうかれこれ20年近く前のことで、当時は遊園地:スパーランドくらいしかなかったように思うのだけれど、今は、温泉施設の『湯あみの島』、三井系のアウトレットモール『ジャズドリーム長島』、イルミネーションで一躍有名になった『なばなの里』があったりと、ずいぶん拡大していて、大人も子どもも楽しめる場所になっていた。

ワタクシは新幹線で名古屋駅まで行き、駅近くの名鉄バスセンターから長島温泉への直行バスを利用。
バスは30分に1本あるのだけれど、発車時刻の10分近く前に到着してギリギリ座席を確保できるほどの人気ぶり。
名古屋からだと40分程度だから、気楽にみんな遊びに行くのかな。。。

11時ごろに、長島温泉に到着。大阪から車で来ていた甥姪らと合流して、いざ、スパーランドへ!
“東の富士急、西の長島”と対比される、絶叫マシンが充実しているこのスパーランド、最初にウォーミング・アップで軽めのライド(【ルーピングスター】、【スターフライヤー】とお化け屋敷(笑))に乗った後、いざ、絶叫マシンの最高峰である【スチールドラゴン2000】(↓左)にチャレンジ。
この【スチールドラゴン2000】は、最高部の高さが97m(日本一)、最大落差93.5m(日本一)、最高速度は時速153km、全長2479m(世界一)という、世界最大級のジェットコースター。
nagashima-1.jpg nagashima-2.jpg

360度回転するバイキング系ライド【スペースシャトル】、イッキに75m垂直上昇する【スペース・ショット】、20年近く前にはこのスパーランドの花形的アトラクションだった木製ジェットコースター【ホワイトサイクロン】(↓)などにも乗ってみた。
【ホワイトサイクロン】は、マシンもワタクシも(?)老朽化したせいか、前に乗った時よりも振動が激しく感じられ、首が痛くなってしまった(汗)。
nagashima-4.jpg nagashima-3.jpg


遊園地で遊び疲れ、ホテルで休憩。
夕食を済ませ、今回の旅行のもうひとつの目玉、『なばなの里』のイルミネーション見物へ。
イルミネーションのテーマは毎年変わるようで、今年のテーマは、『祝世界遺産 富士山』
光のトンネル(↓)を超えてしばらく歩くと、じゃじゃーん!
音楽にあわせ、富士山がキラキラに光ってます~
nagashima-8.jpg nagashima-9.jpg

nagashima-10.jpg nagashima-11.jpg

少し高いところから見た富士山のイルミネーションと、もみじの回廊(↓右)。
nagashima-12.jpg nagashima-13.jpg

水上イルミネーション(↓左)と、鏡池に移る梅(↓右)。
nagashima-14.jpg nagashima-15.jpg

ワタクシたちが訪れた3月半ばは、しだれ梅が見事に咲いていて(散り始め)、そちらもとっても見応えがあった。
梅の香りも楽しめ、すっかり長居をしてしまいました。
nagashima-7.jpg

nagashima-6.jpg


イルミネーションの後は、『湯あみの島』でのお風呂タイム。
こちらも広くて、露天風呂もたくさん。ワタクシは主にジャグジー風呂で疲れを癒した。
硫黄の臭いのしない、さらっとした泉質なので、こてこての(?)温泉が好きな人にはちょっと物足りないかも。

いっぱい遊んだ1日。明日も遊ぶぞー!

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

ダイドードリンコの株主優待(2014年3月) 

2014/03/15
Sat. 00:01

ダイドードリンコの株主優待がやってきました♪

dydo_201403.jpg今回も充実の内容で、

・缶コーヒー 9本
・500mlペットボトルのミネラルウォーター、ジャスミンティー、燕龍茶 各1本
・グレープソーダゼリー、トマトジュース 各1本
・たらみのゼリー(くだもの屋さんシリーズ) 6個
・エナジージム(栄養炭酸飲料)、レモンティー、ゆずれもん、ヨービック(乳性飲料) 各1本

という内容。
ドリップコーヒーがなくなって、たらみのゼリーが入るのが定番になったようだ。

缶コーヒーってあんまり飲まないんだけれど、ゆっくりいただきま~す。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

シンガポールでの週末(その2) 

2014/03/09
Sun. 23:59

【シンガポールでの週末:その2】


日曜日。昨日の就寝が遅かったので、朝はのんびり。
朝昼兼用に(?)と、マックスウェル・フードセンターの名物、天天のチキンライスを食べに行く(↓)。
まだ11時前だというのに、この行列。繁盛してますね~。人気の秘密は、おそらくコスパの良さ。量は少なめ(これ単品だとちょっと物足りない)だけれど、スープも付いて、お値段なんと3.5星ドル(約350円)。
シンガポールって、ショッピングモールとかホテルとか、近代的なこぎれいなところは日本と変わらない、いや円安だからむしろ高いくらいの物価水準なのだけれど、屋台はまだリーズナブル。
sin-14.jpg sin-15.jpg

マックスウェル・フードセンターの向かいに、何やら立派なお寺があったので入ってみた。
新加坡仏牙寺龍華院という名のこのお寺、中は金ピカ!!!
博物館も併設されていたので、少し見学してみた。まだ新しいこともあり、クーラーが効いていて快適、しかもお手洗いもきれいだったので、マックスウェルに行く人は、ここでちょっと休憩して涼んでもよいかもしれない。
sin-11.jpg sin-12.jpg sin-13.jpg

sin-16.jpgsin-17.jpgチキンライスだけではまだおなかが満たされなかったので、チャイナタウンまで歩き、スイーツの有名店『味香園』でマンゴーのかき氷をいただく、5星ドル也。かき氷がとても細かくて、口の中でふわっと溶けて美味しかった。

少し身体が冷えたので、チャイナタウンをうろうろ。甥と姪のおみやげにと、花文字で名前を書いてもらったのだけれど、MRT駅のすぐ近くのところよりも、奥まったところにあるところのほうが良心的だった(値段は同じでも、大きさが全然違った)。

続いては、プラナカン博物館(↓)へ。
“プラナカン”とは、欧米による統治下にあった15世紀半ばから、東南アジアの各地域(ヌサンタラ)、特にマレーシアを中心とする地域に移住してきた中華系移民の末裔で、現地の文化・風習を受け入れた人々のこと。
sin-18.jpg sin-19.jpg

プラナカンの伝統的な婚礼を紹介する展示が多く、かなり女子向きの展示内容。
こちら(↓右)は、結納品の数々で、1番上のお皿には貴金属類、2番目は豚足、3番目は柑橘系の果物(6の倍数)、4番目は衣類、がのせられることになっていたのだという。
sin-20.jpg sin-21.jpg

小物類もデザインが可愛い。食器もデザインが凝っていて、中華系の名残は残しつつも、色使いが優しく極彩色でないところに好感がもてた。
sin-22.jpg sin-23.jpg

昨日遊び過ぎたので、今日は比較的おとなしくしておこうと思っていたのだけれど、ここプラナカン博物館で、「今日はアジア文明博物館の無料開放日」という情報をゲットしてしまい、だったら行ってみようか、、、と計画を変更。
アジア文明博物館(↓)は、中国、インドシナ半島、マレー半島、インドネシア、インド(南アジア)、西アジアのイスラム文化など、幅広い文化が紹介されていて、歴史好きなら楽しめる場所かと。
特別展は、最近(?)西安近くの仏塔(パゴタ)から発掘されたという品々の数々。
sin-24.jpg sin-25.jpg
唐の時代のものらしく、東西交易で栄え国際色豊かだった当時の様子が忍ばれるもの=たとえばガラスとか、珍しい焼き物とか、中国人の顔をしていない埴輪とか=が多く展示されており、興味深かった。
↓左は、十二支の動物の形をした埴輪(?)。なんかちょっと怖い・・・
sin-26.jpg sin-27.jpg

こちらは、常設展の展示物のごくごく一部。中国の道教文化(↓)、インドネシアのバリの文化(↓)の一例。
どこかに偏ることなく、いろいろなアジア文化が紹介されているのは、多民族国家シンガポールゆえだろうか。
sin-28.jpg sin-29.jpg

いったんホテルに戻り、少し休憩をしてから早めの夕食をとり、以前シンガポールに駐在していた同僚が絶賛していた、夜景スポット(バー)、『1-Altitude』に向かう。
シンガポールで最も高いビルの屋上にあるバーで、ここからはマリーナ・ベイ・サンズを見下ろすことができる。
ちょうどタイミングよく、マリーナ・ベイ・サンズの光と音のショー『ワンダー・フル』も楽しめた(音は聞こえなかったけど)。

sin-30.jpg

sin-31.jpg

sin-32.jpg

sin-33.jpg


こちらの夜景スポット、確かに一度は行ってみる価値アリ。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

シンガポールでの週末(その1) 

2014/03/08
Sat. 23:56

【シンガポールでの週末:その1】


先日のハードな世界一周10日間出張に続き、再び出張が入った。
とはいえ、今回はシンガポールのみ、約1週間の滞在で、しかも週末(土日)はまるまるフリー。ということで、週末は観光客気分で遊んでしまいました
最初に訪れたのは、シンガポールのシンボルを見るべく、マーライオン・パークへ。
おのぼりさん根性丸出しで、お約束の写真撮影(↓)。
ミニ・マーライオンのほうからは、大きいマーライオンの背中、マリーナ・ベイ・サンズが見え、「あぁ、シンガポールに来たんだなぁ」と実感
sin-1.jpgsin-2.jpg

sin-3.jpgマーライオン・パークから見たマリーナ・ベイ・サンズ。
何度見ても、「なんでこんなデザインにしたんでしょうね?」という不思議な形。

マーライオン・パークを出てタクシーをつかまえ、このマリーナ・ベイ・サンズへ。
シンガポールはタクシー料金が安く、外を歩くのも暑いので、ついついタクシーを使ってしまいます(複数で行動していれば、なおさら)。
ただ、ちょっと注意が必要なのは、クレジットカードを使うと別途追加料金がかかるのと、あとメジャーなタクシー会社のひとつは、VISAカードが使えないこと(Master、AMEX、JCBはオッケー)。

マリーナ・ベイ・サンズの目的地は、空中庭園『サンズ・スカイパーク』
レストラン&バー『KU DE TA』を利用すると空中庭園への入場料が不要、という情報を仕入れていたのだけれど、土曜日のお昼は、アルコールなしのブランチ(98星ドル)か、シャンパンブランチ(198星ドル!)しか選択肢がないと言われ、レストラン利用は断念、普通に入場料を支払った。

高速エレベーターをぐんぐん上がり、てっぺんに到着。
見下ろす景色は素晴らしく、開放感があって気持ちがいい~!
sin-4.jpg sin-5.jpg
夜景のイメージが強かったけど、昼間は青と緑のコントラストが抜群(空気がちょっと汚いのが残念)。
港には、客船、作業船、コンテナ船などなど、たくさんの船が停泊していた。
ここで飲むビールもサイコー
sin-6.jpg sin-7.jpg
屋上のプールは、残念ながらホテルの宿泊者のみが利用可能。
まぁ、ここが一般開放されてしまうと、このホテルに泊まる意味が半減してしまうんでしょうね・・・(ホテルとしての評判はあまり芳しくないようだし)。

おなかが空いたので、どこで食べるか迷っていたところ、この空中庭園から見えたダム(Marina Barrage)の近くにフードコートがあることがわかったので、そちらに行ってみた。
東南アジアの焼き鳥(?)サテとビール、フレッシュフルーツジュースなどを食べつつ、しばしおしゃべりで時間を潰していると、Marina Barrageの公園(?)からたくさん凧が上がっているのが見えた。
上がってみると(ちなみにこの日は女性のみが参加しているマラソン大会があった模様で、周辺はピンクのユニフォームを着た女性であふれていた)、家族連れが、思い思いに凧揚げをしていた。場所も十分広いし、電線もないし、しかも風が強いということもあって、かなり高く上がっているものもあった(↓左)。
sin-34.jpg sin-8.jpg

最後に、ナイトサファリへ。こちらも横着をしてタクシーを利用。
入場してすぐに、日本語トラムのチケットをゲット。この日は3回あったようだけど、すでに2回分は満席とのことで、選択肢はナシだった。さすが、人気があるのねー。
トラムまで時間があったので、ひとつ“ワラビー・トレイル”を歩いてみた。モモンガが豪快にエサを食べているところを見ることができた。
sin-9.jpg sin-10.jpg
トラムは約45分。英語版のトラムは途中下車が可能だが、残念ながら日本語版トラムは不可。
印象に残っている動物は、黒(灰)と白のコントラストが印象的なマレーバク(↓右)、遠くにちらっと見えただけだけどマレートラ。解説で興味深かったのは、キリンは1日に20分程度しか熟睡しないということ。
トラムの後は、ナイトショーを見にシアターへ移動。カワウソがごみの分別をしたり、嗅覚の優れたジャコウネコがその力を披露したり、マッチョな人が選ばれてニシキヘビを首に巻かれたり、なかなか楽しかった。

トレイルを歩く元気が残っていなかったので、ここでお開き。
充実の土曜日でした。付き合ってくれたTさん、どうもありがとうございました!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2014-03