Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

時代の美 鎌倉・室町編@五島美術館 

2012/11/25
Sun. 12:22

先週に引き続き、五島美術館へ。
先週までの展示は『奈良・平安編』だったけれど、今週からは『時代の美 第2部 鎌倉・室町編』に展示内容が変わっていたので。

gotobijutsukan_02.jpg今回の展示の目玉は、国宝 紫式部日記絵巻
これは、紫式部が宮中での出来事を日記にしたためた時代からおよそ250年後、鎌倉時代前期にその日記を絵巻にしたもので、もともとは全十巻あったとされ現存しているのは約四巻分とのこと。
今回展示されていたのは、五島美術館が所蔵する3点、五島本第一段、五島本第二段、五島本第三段
印象に残っているのは、第二弾で、紫式部が使えていた中宮・彰子がまだ生まれて間もない若宮(のちの後一条天皇)を抱いているところが描かれていたのだけれど、その赤ちゃんの顔がどう見てもおじいちゃん(笑)。

前回の展示は写経が多かったけれど、今回は三十六歌仙絵時代不動歌合絵が多かった。
三十六歌仙絵は、三十六歌仙の肖像と代表的な歌を描いたもの。もともとは絵巻だったが、歌仙一人ごとに分割され、今はそれぞれ掛軸になっているんだとか。卑近な例で申し訳ないけど、百人一首(かるた)の原点を見た気がした。
時代不同歌合絵は、隠岐に流された後鳥羽院が、万葉集や古今和歌集など古いものから50人、新古今和歌集など新しいものから100人を選んで、それらを1:2で合わせたもの。

室町時代くらいになってくると、巻物でなく冊子の形になったものも出てきたようだ。平家物語の写本が展示されていた。

そのほか印象に残っているのは、運慶の作と伝わる愛染明王坐像。しげしげと近くで見ていてつくづく思ったのは、「これは日本人の顔じゃない・・・そうだ、インド人の顔だ!」ということ。ぎょろっとした目、大きな口、ちょっとだけ四角張った感じの丸顔、恰幅のいいインド人の特徴とおんなじだ!
仏様(如来像とか菩薩像とか)の顔は日本風にアレンジされても、この愛染明王はアレンジされなかったってことなのかしら?
ちなみに当初は金箔で覆われていたとのことだけれど、金ぴかのこの像ってけっこうコワイ気がする。

ワタクシの好みでは、奈良・平安編のほうが面白かった。
年明けからは、『第3部 桃山・江戸編』になるとのこと、興味がある方はお早めに!

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 2

page top

九品仏のイチョウ(2012年) 

2012/11/24
Sat. 18:20

毎年11月下旬の恒例行事となっている、家の近所のお寺、九品仏浄真寺での散歩+写真撮影(といってもスマホのカメラ)。
九品仏 イチョウ」で検索してこのブログを発見(?)する人も少なからずいるようで、本当に毎年の恒例行事になってます。

東京都の天然記念物にも指定されている、九品仏のイチョウ(↓)。の全体像と、少し寄ったところ。
日の当たる特等席にあるせいか、見事に色づいている。カエデはまだ色づいてなかったけど、イチョウは今週末が見ごろ。
kuhonbutsu2012-1.jpg kuhonbutsu2012-2.jpg

本堂の中から見たイチョウ
kuhonbutsu2012-5.jpg


こちらは本堂のご本尊。天井がこんな風に飾られているとは今日はじめて気づいた・・・
色使いが、極楽浄土(?)って雰囲気ですね。
kuhonbutsu201211-3.jpg kuhonbutsu2012-4.jpg

しかし、スマホのカメラ、暗いところにはけっこう強くなったけど(ただし手ブレは・・・)、明るいところはダメだぁ・・・
来年は、ちゃんとしたカメラを持ってでかけようと思います!!!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

カゴメの株主優待(2012年9月) 

2012/11/22
Thu. 23:32

kagome2012-9.jpgカゴメの株主優待がやってきた。
今回は冬バージョン、

・ 海鮮スープのトマト鍋
・ 白菜と豚肉のトマト塩麹だれ炒め
・ 有機トマト使用ケチャップ
・ カゴメトマトジュース 復刻版
・ 野菜生活100 デコポンミックス
・ 野菜生活100 30品目の野菜と果実


という内容。

デコポンミックスは美味しくて好き。
ケチャップは毎回(半年に一度)もらうので、あまってしまっているのだけれど、どうやって消費したらいいんだろ?消費方法を考えよーっと。

ありがたく、いただきます!



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

時代の美 奈良・平安編@五島美術館 

2012/11/18
Sun. 20:33

お天気が良かったので、散歩がてら五島美術館へ。
しかーし、以前に訪れてけっこう気に入った庭園は、残念ながら工事中で入れず。
工事が終わるのは、来年(2013年)3月だそう。

gotobijutsukan_01.jpg今日までの展示は、新装開館記念名品展『時代の美』というシリーズの『第1部 奈良・平安編』(正直なところ、ピカピカにキレイになってたわけでもなくて、あんまり“新装開館”という感じはしなかったんだけど・・・)
主な展示は、古写経、歌切、そしてここ五島美術館が誇る国宝 源氏物語絵巻の「鈴虫」の2場面、「夕霧」、「御法」の四巻

紺や紫に染めた紙に金や銀を混ぜた泥(?)で書かれた写経がいくつかあり(奈良時代の『紫紙金字華厳経』とか天平期の作品で江戸時代の火事で一部燃えてしまった『紺紙銀字華厳経 二月堂焼経』とか平安時代後期の『紺紙金字阿弥陀経 平忠盛筆』などなど)、その保存状態の良さに驚いた。1000年以上前のものでも、はっきりと字を読むこともできて、紙と文字(漢字)の偉大さに改めて感心してしまった。
今、記録媒体は紙からデジタルへと移行しているけれど、それって考えてみたらひとつの歴史の大転換期にあるってことなんじゃないかしら?そう思うと、なんだかワクワク

手鑑(てかがみ)という、古筆・名筆を集めた作品集も興味深かった。“伝 光明子”“伝 紀貫之”、“伝 菅原道真”とか、いろいろな著名人の作品とされているものがアルバムみたいに貼られているのだけれど、大切に集めたコレクションを、この持ち主は満足げににやにやしながら見ていたんだろうなぁ・・・

源氏物語絵巻に並ぶ目玉、国宝 白描絵料紙理趣経(目無経)も面白かった。
後白河法皇の命で、ある物語(その内容は未詳)の下絵が描かれた紙に写経がしてあるもので、下絵の人物の絵に目鼻が描かれていないので、別名を“目無経”とも呼ばれているもの。
もともとは、その下絵に描かれた物語が記されるはずだったのだけれど、後白河法皇が崩御され計画は頓挫、その紙は法皇の供養のための写経に使われることになったのだとか。下絵の物語の内容がよくわかっていないってところがミステリアス。そういうのを解読(?)するのも面白そう~。

散歩が主目的だったはずだけど、展示もそれなりに楽しめた。

[edit]

CM: 0
TB: 4

page top

奥久慈へ紅葉狩り 

2012/11/16
Fri. 23:58

昨年2011年の新年の抱負に掲げたものの、今年2012年に持ち越しとなっている47都道府県すべてを訪れる、という目標。この夏に高知をクリアしたのち、最後に残ったのが茨城県
で、茨城県に足を踏み入れるべく、花貫渓谷、竜神大吊橋、そして袋田の滝に紅葉狩りに行ってきた。
お天気はピーカン、日頃のおこないが良いのかしら!?
okukuji1.jpg
まず最初は花貫渓谷
名所である汐見滝吊り橋まで散歩し、吊り橋を渡ってみるも、橋の上は大渋滞。平日といえど、紅葉狩りシーズン+快晴の日をなめてはいけません・・・・。
そして、平日だからか、訪れている人の平均年齢はおそらく、いや間違いなく60歳超。改めて少子高齢化する日本を見た。

こちら(←)が、その吊り橋から見た渓谷と紅葉。
(↓)は渓谷のまわりの遊歩道から見た紅葉。
まだ完全には色づいていないけれど、グラデーションがキレイ。
okukuji2.jpgokukuji3.jpg

続いては、竜神大吊橋へ。
竜神川をせき止めた竜神ダムの上にかけられた橋で、橋の長さは375m、歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇る、とのこと。ダム湖面よりの高さは100m、ところどころ、橋から下が見えるようにとガラス張りになっているところがあったけど、残念ながらそれらガラスはすべて汚れて曇っており、その吊り橋の高さを実感することはできなかった。
こちらは山々の木々がところどころ紅葉・黄葉している、という感じ。まだ少し時期が早かったようだ。
okukuji5.jpg okukuji4.jpg
歩いていると感じないけれど、写真を撮ろうとカメラを構えて静止すると、「あ、揺れてる~」と感じる程度に吊り橋は揺れていた。風の強い日はもっと揺れるのかもしれない。

最後に訪れたのは、袋田の滝
日本一の那智の滝、日光の華厳の滝と並び日本三大瀑布のひとつとされる袋田の滝は、四段になって岩肌を落ちている。
観瀑台が3つあり、そのうちのひとつは、エレベーターに乗っていく。このエレベーターに乗るのに、15分くらい待っただろうか、階段を作ってくれたらありがたいと思った。

とはいえ、待った甲斐があり、観瀑台からは美しく秋色染まったカエデと、迫力ある滝が観られて、大満足。
okukuji6.jpg
okukuji7.jpgokukuji8.jpg


これら紅葉スポットだけでなく、道中の山々が紅葉していて秋の深まりを感じた。東京にいるよりずっと、季節の移り変わりを身近に感じられるんだろうな。。。
ちょっと渋滞に巻き込まれ、思ったよりも帰りが遅くなってしまったけど、ほんっとに天気に恵まれて、よい日帰り旅でした。

そしてこれが肝心、今年2012年の目標、1つ達成でーす

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

『スターウォーズ』シリーズのエピソード2とエピソード3の間にあったクローン大戦を描く、ジョージ・ルーカス公認のTVアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(原題:Star Wars: The Clone Wars)のシーズン4、第19話~第22話を見た。

第19話 Massacre / 魔女狩り
episode4-19.jpg
=あらすじ=
サヴァージに裏切られたヴェントレスは、再び追われる身となり、ダソミアのナイトシスターズの元へ身を寄せ、シスへの道を諦めナイトシスターとして生まれ変わる。ドゥークーから、ヴェントレス殺害とナイトシスターズの一掃、魔女狩りを命じられたグリーヴァス将軍は、大量のドロイド軍を投入し、ダソミアを攻撃する。
魔力で不死の魔女軍団を援軍に得たヴェントレスは、ドロイド軍に反撃し、グリーヴァスに一騎打ちを申し込む。他方、ドゥークーの髪の毛を手に入れていたマザー・タルジンは、呪術によりドゥークーに苦痛を与え、ダソミアからの撤退を迫る。苦しみの中ドゥークーは、グリーヴァスマザー・タルジンの殺害を指示、ドロイド軍が攻め入りナイトシスターズはほぼ全滅、ヴェントレスだけが一人生き残る。

第20話 Bounty / その手に掴むもの
episode4-20.jpg
=あらすじ=
天涯孤独となったヴェントレスはアウターリムへ逃亡。酒場で賞金稼ぎを一人殺したため、その欠員補充として賞金稼ぎのグループに加わったヴェントレスは、列車の荷の警護の任務にあたる。彼らが警護していたのは人質となった王族の娘で、その兄が彼女を助けに来る。ヴェントレスは、報酬の賞金を手に入れた後、兄妹を助けてやる。

第21話 Brothers / 邂逅
episode4-21.jpg
=あらすじ=
怪物サヴァージは、マザー・タルジンの命により兄弟を探していた。とある辺境の星にたどり着いたサヴァージは、地下深くに潜むダース・モールに再会する。が、ダース・モールの記憶はほとんど失われており、下半身は蜘蛛のような機械の足がついていた。
そんな折、フォースの乱れから、ヨーダダース・モールが蘇ったことを知り、オビ=ワンに警告する。

第22話 Revenge / 復讐の狼煙
episode4-22.jpg
=あらすじ=
サヴァージダース・モールマザー・タルジンの元に連れて行く。マザー・タルジンの魔力により蘇ったダース・モールは、オビ=ワンへの復讐を決意、オビ=ワンをある惑星に呼び出す。罠と知りつつその惑星に向かったオビ=ワンだったが、ダース・モールサヴァージの2人が相手で窮地に陥る。そこにヴェントレスが現れ、オビ=ワンを助ける。九死に一生を得たオビ=ワンは、ヴェントレスとともにその惑星を脱出する。


=感想(箇条書き)=

・ 死んだシスターたちが蘇ったさまは、まるでゾンビ映画のよう?不死の魔女軍団が敵に回ったら、ジェダイも大変だろうなぁ・・・って思ったけど、あっけなくドロイド軍に負けてしまった。ちょっと残念(第19話)。

・ 第20話ですっかり“いい人”になってしまったヴェントレス、もうこのシリーズには出てこないのかなぁ・・・なんて心配してたんだけど、出番があってホッとした(第22話)。

・ DVDのパッケージに描かれているのに、なかなか登場しなかったダース・モール。ようやく第21話にして登場!!!しかし下半身があんなことになってるとは!エピソード1で、オビ=ワンがどんな風に彼を倒したのか、もう一回ちゃんと見なくっちゃ! → 確かに上半身と下半身が二つに分かれて落ちていってました。

・ オビ=ワンが赤いライトセーバー持ってる~!(第22話) 

・ 当初は25話/シーズン × 4シーズン = 100話で終了とされていたこのアニメ版クローン・ウォーズだけれど、シーズン4も「まだまだ続く」ってところで終わり、本国ではシーズン5が放送中。エピソード3にはダース・モールサヴァージも出てこなかったし(もっと言うとアソーカも!)、この雰囲気だとまだまだ続きそう。まぁ、ファンとしては続いてくれてもいいんだけど、あまりダラダラされるのもなぁ・・・

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

『スターウォーズ』シリーズのエピソード2とエピソード3の間にあったクローン大戦を描く、ジョージ・ルーカス公認のTVアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(原題:Star Wars: The Clone Wars)のシーズン4、第15話~第18話を見た。

第15話 Deception / オビ=ワン暗殺
episode4-15.jpg
=あらすじ=
アナキンアソーカと共にジェダイ評議会に向かう途中、オビ=ワンがスナイパーに銃殺される。アナキンは、オビ=ワンの葬儀中、一言も発しなかった。しかし、このオビ=ワン暗殺は、ヨーダメイス・ウィンドゥが仕組んだ芝居で、オビ=ワンは整形手術を受け、そのスナイパー、ラコ・ハーディーンになりすます。ハーディーは間もなく捕まり刑務所に送られ、そこでパルパティーン最高議長暗殺を企むエヴァルに計画に加わる誘われ、彼の仲間である賞金稼ぎのキャド・ベインと共に刑務所を脱出する。


第16話 Friends and Enemies / 疑惑の賞金稼ぎ
episode4-16.jpg
=あらすじ=
ハーディーンに化けたオビ=ワンは、エヴァルらと行動を共にが、キャド・ベインからは疑われ、ハット一族に売り渡されてしまう。しかし、エヴァルらが逃げた船に発信機を付けていたため、すぐに彼らは捕えられ、再び3人は行動を共にすることとなる。
他方、師匠であり親友であるオビ=ワンが殺され、犯人が脱出したのに待機命令が出されていることに耐えられなくなったアナキンは、パルパティーンにその心情を吐露する。するとパルパティーンは、脱走囚3人がナル・ハッタという惑星にいると教え、アナキンアソーカと共にナル・ハッタに向かう。脱走囚3人は取り逃がすものの、いったんは彼らに追いついたアナキンは、オビ=ワンとのつながりを感じ、オビ=ワンがまだ生きていると確信する。


第17話 The Box / サバイバル・ボックス
episode4-17.jpg
=あらすじ=
脱走囚3人は、ドゥークーの待つ惑星セレノに到着。そこで、キャド・ベインハーディーンは、ドゥークーが開催する賞金稼ぎ選抜トーナメントに参加することになる。
エヴァルが設計したサバイバル・ボックスの試練を克服し、参加者たちを助けるハーディーンの能力を高く評価したドゥークーは、エヴァルに代わりハーディーンパルパティーン誘拐計画のリーダーにしようとするが、エヴァルを殺せなかったハーディーンではなく、キャド・ベインが誘拐計画の指揮を執ることになる。
他方、ヨーダアナキンを呼び、「オビ=ワンは生きている、オビ=ワンを信じて待つように」とアナキンを諭す。


第18話 Crisis on Naboo / 狙われた祭典
episode4-18.jpg
=あらすじ=
光の祭典に参加するため、パルパティーン最高議長が惑星ナブーに到着した。議長誘拐計画は実行されるが、ハーディーンに化けたオビ=ワンから情報が来ていたため、メイスらジェダイたちはその計画を阻止することに成功する。しかし、ハーディーンを疑っていたドゥークーは、さらに別の計画をもっており、パルパティーンアナキンが2人だけになったところを襲う。オビ=ワンが駆けつけ、なんとかその危機は脱するが、アナキンは、自分がオビ=ワンに信頼されていないという想いを抱いてしまう。


=感想(箇条書き)=

・ 丸坊主、髭なしのオビ=ワン、若いねわ~。(第15話)

・ 映画のエピソード3だけでは、ちょっと唐突な感じがしたアナキンとパルパティーン、アナキンとジェダイ評議会、そしてアナキンとオビ=ワンの関係、こういうことがあったという前提だと、すんなり受け入れられるかも?(第16話、18話)

・ ドゥークー、最初からベインをリーダーにしておけばよかったのに。エヴァルって優秀でもなんでもなさそう・・・(第17話)

・ 時間の制約もあったのか、光の祭典の描き方が物足りないというか、地味だったのが残念。パルパティーンがわざわざ出席しなきゃいけなかったのかしらね?(第18話)


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

『スターウォーズ』シリーズのエピソード2とエピソード3の間にあったクローン大戦を描く、ジョージ・ルーカス公認のTVアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(原題:Star Wars: The Clone Wars)のシーズン4、第11話~第14話を見た。

第11話 Kidnapped / 消えた植民者
episode4-11.jpg
=あらすじ=
アナキンアソーカオビ=ワンらは、惑星キロスに降り立った。そこに奴隷商人ザイゲリアのリーダーであるダーツ・ドナーから呼び出しがかかり、オビ=ワンが交渉に向かう。キロスの市民(植民者)たちは、ドゥークーと結んだドナーに捕えられ、みな姿を消していた。アナキンアソーカドナーを捕えるが、植民者たちの居所は白状せず、植民者たちは行方知れずのままだった。

第12話 Slaves of the Republic / 共和国の奴隷たち
episode4-12.jpg
=あらすじ=
キロスの民を救うべく、アナキンらは、奴隷帝国の復活を目指すザイゲリアに乗り込み、奴隷商人に成りすましてザイゲリアの女王ミラージに会いに行く。アナキンはうまく女王に取り入るが、オビ=ワンは捕えられてしまい、奴隷オークションにかけられる。オークション会場でオビ=ワンを討つよう女王に指示されたアナキンは戦うが、多数に無勢で捕えられてしまう。女王はアナキンに、「お前が私の奴隷になるなら仲間を助けてやる」と持ちかける。
ブルーノ・デントゥーリ

第13話 Escape from Kadavo / カダーヴォからの脱出
episode4-13.jpg
=あらすじ=
捕えられたオビ=ワンレックスは、奴隷として働かさされる。ドゥークーがザイゲリアにやってきて、女王ミラージと対談する。アナキンオビ=ワンを自分の奴隷にしてザイゲリア帝国を繁栄させるのだとの野望を語る女王に、ドゥークーは、ジェダイを処刑せよという。女王はドゥークーに殺されるが、その直前にオビ=ワンはカダーヴォ星にいるとアナキンに告げる。アナキンアソーカR2はカダーヴォに向かう。ジェダイの援軍も到着し、キロスのの民を救うことに成功する。

=感想=
テーマは奴隷制度。母も自身も奴隷だったアナキンが、感情的になるかと思いきや、意外に冷静でした、アナキンもずいぶん大人になったのねー。


第14話 A Friend in Need / 友情の真価
episode4-14.jpg
=あらすじ=
共和国側の協議に乱入した、ミーナ・ボンテリの息子ラックス・ボンテリを助けたアソーカは、彼の計画に巻き込まれ、デス・ウォッチの支配するとある惑星にたどり着く。ラックスの婚約者だと偽ったアソーカだが、ジェダイであると正体がばれ捕えられる。R2はアソーカらと離れ離れにされ、ドロイドを修理する役割を与えられる。R2は、自分が修理したドロイドを味方につけ、アソーカラックスを助けるが、ラックスアソーカと行動は共にできないと、一人脱出ポッドから脱出する。

=感想=
やっぱりR2かわいいな~♪

[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

『スターウォーズ』シリーズのエピソード2とエピソード3の間にあったクローン大戦を描く、ジョージ・ルーカス公認のTVアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(原題:Star Wars: The Clone Wars)のシーズン4、第7話~第10話を見た。

第7話 Darkness on Umbara / アンバラの暗雲
episode47.jpg
=あらすじ=
補給線を断たれた共和国軍は惑星アンバラを制圧すべく、スカイウォーカー率いる軍が首都攻略の先陣を務める。いったんは攻め込むものの退避を余儀なくされたところに、クレル将軍が現れ、スカイウォーカーに「最高議長が呼んでいる、コルサントに帰るように」と伝える。スカイウォーカーが発った後、クレルが指揮を執ることになるが、将軍はクローン・トルーパーに対して厳しく接する。副官のレックスが休憩を進言しても聞き入れず、兵を無駄死にさせるような無謀な作戦に出たため、多数の部下を失ったレックスは将軍の命令に背く。

第8話 The General / クレル将軍
episode4-8.jpg
=あらすじ=
さらに無謀な作戦に出るクレル将軍に、クローン部隊は反発するが、キャプテン・レックスクレルは多くの犠牲も出してきたが勝利に貢献してきた将軍だとして、彼に従うよう部下をなだめる。窮地に立たされたレックスは、ハードケースファイブスという2名のトルーパーを敵陣に密かに送り込み、彼らの活躍で敵の空軍基地を奪うことに成功する。しかしクレル将軍は「運が良かった」として彼らの働きを評価せず・・・

第9話 Plan of Dissent / 作戦への反抗
episode4-9.jpg
=あらすじ=
指揮官への不信感が募る中、クレル将軍はさらに無謀な正面突破を命じる。ジェシーファイブスハードケースの3名のトルーパーは、奪った敵の戦闘機を使って敵船を攻撃するという作戦を思いつき、レックスは将軍にこれを提案するが一蹴されてしまう。しかし、無茶な命令に従って命を落としたくないという3名は、密かに戦闘機の操縦練習を開始する。練習中、誤って格納庫を破壊してしまったためクレル将軍は戦闘機をロックするよう命令するが、3名は作戦を決行、キャプテン・レックスは黙認する。

第10話 Carnage of Krell / クレルの正体
episode4-10.jpg
=あらすじ=
レックスは、指揮官の命令に背いたトルーパーを軍法会議にかけて有罪にするというクレル将軍に対し、責任は自分にあると陳情するが、逆に彼らの銃殺を命じられてしまう。そんな時、味方から援軍の要請があり、処刑は中断、全軍が援軍に向かう。しかし、戦いの最中に、アンバラの兵だと思っていた敵が、実は兄弟であるクローン・トルーパーであることが発覚。その攻撃がクレル将軍の命令だったことから、レックスらは将軍に反旗を翻す。なんとか将軍を捕えたトルーパーたちに、将軍は「もうジェダイは見限った、自分はドゥークーの弟子になる」と話す。彼を生かしておいては危険だとして、彼に忠実に(盲目的に)従ってきたトルーパー、ドグマクレル将軍を銃殺する。

=感想=
最後のトルーパーたちの、「なんのために戦っているのか」「俺たち兵士は戦いが終わったらどうなるのか」といったセリフがなんとも切なかった・・・
しかし、ジェダイからも裏切り者が出てきてて、アンバラの星も薄暗い感じだし、どんどんダークサイドの世界が広がってきてる~。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-11