Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

3億年のヒマラヤ岩塩とお肉@けやき 

2012/05/31
Thu. 23:29

職場の人たちと、霞が関ビルの35階にある『フレンチ&鉄板焼きレストラン けやき』でディナー。
当初の予定はフレンチだったのだけれど、ワタクシが鉄板焼きを希望したので(紅一点の役得?)、鉄板焼きに変更

最初にニンジンを使ったムース、煮玉子を使った前菜が出て(写真ナシ)、それを味わっている間にシェフがやってきて食材が準備される。鉄板焼きって目の前で調理してくれるってのがいいよね~。待っている間も、調理の様子を見ていると幸せな気分になれる。
まずは、お魚(真鯛)とお野菜(↓左)。バターがたっぷり使われていてかなりボリュームがあった。付け合せの糖度の高いデザートトマト、プチプチの食感が楽しいアイスプラントも美味しかった。
お次がメインのお肉、焼き加減はミディアム・レア(↓右)。霜降りのお肉はとてもやわらかく、口の中でじゅわーっと脂が溶け出した。このお肉には塩コショウがされておらず、鉄板の上で熱しておいた3億年前にできたというヒマラヤの岩塩でできた器にこすりつけて自分で塩味をつける。3億年の岩塩は、心なしかまろやかな味がした。
keyaki1.jpg keyaki2.jpg

食事はガーリックライス(↓左)。お肉ですでにおなかが十分満たされていたこともあり、がんばって食べた、という記憶しかないけど、たっぷりの香の物は口の中がさっぱりして嬉しかった。
鉄板のある席からテーブル席に移り、デザートのフルーツ(↓右)とコーヒーをいただく。移った席からは東京タワーが見え、満足、満足。ごちそうさまでした。
keyaki3.jpg keyaki4.jpg


最近ちょっと、いや明らかに、胃を酷使している・・・少し休めてあげないと。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

激辛修行@龍門 五反田店 

2012/05/29
Tue. 23:55

ワタクシも含め3人とも4月生まれなので、1か月以上遅いけど合同誕生会ということで、久しぶりに友人H氏とO氏と食事。
「激辛、いける?」との質問に対し「いける」と回答、指定されたのがこのお店、『龍門 五反田店』
五反田に降り立つのは、人生で3度目、そのうちの2度はブラジル領事館にビザを申し込み&取りに来たとき

五反田から大崎広小路のほうへ歩いて徒歩5分強、店が見えたとたんに唐辛子のにおいがして、一歩足を踏み入れたとたん、目に若干の違和感というか痛さを感じた。これは相当辛そうだ~

今日は「攻める」とのH氏の号令のもと(?)、まずオーダーしたのは、お店のおすすめ、よだれ鶏(↓左)、細竹の冷菜(↓右)。
ビールで乾杯した後、まずはよだれ鶏を一口。辛い、辛い・・・まず唇がひりひり(O氏いわく、「気分は、いかりや長介」。言い得て妙)。身体中の毛穴がいっぺんに開いて、汗がどーっと出てきた。いやぁ、かなりの辛さ。
よだれ鶏のお皿が空き、続いて細竹の冷菜が到着。こちらのほうが若干マイルドな感じがしたけど、それでも唐辛子と山椒がたっぷりで、ビールがどんどん進む。口の中は辛さでピリピリ、白ごはんも欲しいけど、ここは強がってオーダーしない3人(笑)。
ryumon1.jpg ryumon2.jpg

続いて運ばれてきたのは、これまた激辛料理、店のオススメ、水煮魚(↓左)。いや、辛くないモノ(↓右の空心菜炒め、写真はないけど、ジャガイモ炒め)も頼んでたんだから、間に挟むとか工夫したら?と思ったけど、こちらを試すかのような激辛3連チャン。
この水煮魚、この激辛スープ(たれ?飲むものじゃない)の中に白身の魚が入っているのだけれど、これが美味。今日食べた料理の中でこれが一番辛かったけど、それでも魚の旨みもあって、看板メニューと言うのも肯けた。
空心菜は箸休め、こんなに甘い(甘く感じる)空心菜を食べたのは生まれて初めて(笑)。
ryumon3.jpg ryumon4.jpg

続いて、定番の麻婆豆腐(↓左)、O氏の友人オススメの焼小龍包(↓右)。
麻婆豆腐はごくごくフツウ(すでに味覚が麻痺気味)、焼小龍包は皮が厚めで肉汁がたっぷり閉じ込められていた。うーん、なんてやさしい味なんだ!!!
ryumon5.jpg ryumon6.jpg

ryumon7.jpg〆は白ごはん・・・ではなく、最後まで攻めて、担担麺(←)。胡麻でマイルドにしたスープのあるタイプでなく、いわゆる汁なしで、ラー油がたっぷり。ちょっと油断して、麺を吸うときに一緒に吸う空気が器官に入ったりすると、ほぼほぼ確実に咽てしまう、そんな辛さだった。

以上で、激辛修行、無事終了。
いやはや、ナイスファイト!な食事でした



[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

カゴメの株主優待 

2012/05/26
Sat. 13:48

kagome201203.jpgカゴメの株主優待が到着。
夏バージョンの今回は、

・カラダNEXT ソイブレンド
・カラダNEXT シリアルブレンド
・野菜生活100 オリジナル
・野菜生活100 シークワーサーミックス
・タコライスソース
・イタリアンつゆ
・有機野菜と果実使用ウスター(株主様限定パッケージ)

という内容。
カラダNEXTって興味はあったものの、自分で買おうという気がしなかったのでちょうどよかった。
ありがたく、いっただっきまーす!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

近所のブーランジェリー・カフェ『VENT DE LUDO(ヴァン ドゥ リュド)』再訪。今回購入したのは、こちらの3種(↓)。
リンゴのそば粉パン(378円)は、あまーく煮たリンゴがころころ入っていて、そば粉の風味があって美味。生地は、(もちもち+ハード)÷2の食感。結構な大きさがあるので、カットしてあるものを購入し、半分はそのままで、半分はトーストしてみた。トーストしたほうが甘味は強く感じた。
無花果とクリームチーズ(189円)は小ぶりだけれど、無花果とクリームチーズがたっぷり入っており、見た目よりボリューム感があった。ドライフィグ(乾燥無花果。日本語で書くとなんかまったくの別物みたい・・・笑)は大好きなので、このパンは気に入った。
LUDOブリオッシュシュクレ(136円)は、カソナード(赤砂糖)とバターがトッピングしてあるもの。ブリオッシュはちょっとパサパサしていた。まぁ、ブリオッシュってそんなものか。
VENT DE LUDO4

このお店のシンボルカラーはブルーのようなのだけれど、買ったパンを入れてくれるロゴ入りPE袋(↑写真左半分)の色がキョウレツ。パン屋さんの袋の色とはちょっと思えないよね、どうでもいいけど・・・

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

VENT DE LUDO(ヴァン ドゥ リュド)のパン 

2012/05/04
Fri. 15:33

VENT DE LUDO1先月(2012年4月23日)尾山台のハッピーロードにオープンしたパン屋さん、『VENT DE LUDO(ヴァン ドゥ リュド)』でパンを購入。休日のブランチといたしました。

開店当初は入場制限していたほどの混雑ぶりだったけど、もうそろそろ落ち着いてきた模様。
青を基調としたお店の外観は、ハッピーロードの中でもひときわ目立っています。フランスはブルターニュ地方出身のリュドヴィック・リシャールというパン職人の日本初出店のお店とのこと。ブルターニュ地方
イートインできるカフェスペースも併設されているけれど、広さはないのでゆっくりくつろぐという場所ではないかも?

購入したのは、クロックムッシュ(210円)とソーセージとチリビーンズのタルティーヌ(252円)。
クロックムッシュは、塩味の効いたハムの存在感が大。食パン(パン・ドゥ・ミー)はふんわり軽い口当たり、もうちょっと弾力があるかと思っていたのだけれど、このほうが毎日食べる分には飽きはこないのかもしれない(お値段を考えると毎日この食パンを食べるなんてとてもできないけれど・・・)。
タルティーヌは、他に明太子やきのこなどの種類があったけれど、チリビーンズに惹かれてこちらをチョイス。チリビーンズ&ソーセージ、こちらも塩分多そうだったけれど美味しかった。
タルティーヌはバゲットがカリッとなるので、トースターで温めて食べたほうがいいと思う。
VENT DE LUDO2
おかずパンの次は、おやつパン。
パン・オ・ショコラ(189円)と、OYAMADAI粒(168円)というオリジナルのアあんパン。
パン・オ・ショコラは、スティックチョコレートをクロワッサン生地で包んで焼いた、なんてことない(どこにでもある)ものだけれど、クロワッサン生地のサクサク感は、さすが本場おフランス、という感じ。相当バター使っててカロリーは高そうだけれど、軽くてあっという間に食べてしまいました・・・。
あんパンは、生地が甘くないせいか、あんの甘さが強く感じられた。生地は“おやき”みたいな感じ。中に野沢菜とか入れても美味しそう~。
VENT DE LUDO3

開店直後(朝10時ごろ)に行ったせいからか、ここの人気商品であるそば粉を使ったパンがまだあまり焼きあがっていなかったので、それを試せなかったのはちょっと残念。次回以降のお楽しみということで!

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

asahi2012-1.jpg asahi2012-2.jpg

今年もやってきました、アサヒビールの株主優待
そんなにビールは飲まないけれど、この“株主様限定特製ビール”が楽しみで株をホールドしてかれこれ10年。。。
(これまでの優待品ご参考:昨年2年前3年前4年前5年前6年前7年前。)

今年のビールは、フランスの生産者が改良を重ねて開発したアロマホップ「アラミス」とアメリカ産の有機麦芽を使用したもの、とのこと。だから缶のパッケージがトリコロール・カラーなのかしら?

これから冷やして飲んでみます~

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-05