Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

エクレア@ピエールマルコリーニ銀座店 

2011/10/28
Fri. 20:51

夕食前に、友人と銀座のピエールマルコリーニでお茶をする。チョコレートショップがあるのは知っていたけれど、上の階にカフェがあるとは知らなかった・・・

18時半を回っていたので、名物(?)のパフェ数種、ワッフル、エクレアなど売り切れているものも多かったのだけれど(売り切れ商品の案内が店員によって違ってちょっとイラつく)、期間限定のマロンのエクレア(写真の左)とキャラメルのエクレア(同右)を友人とシェア。
ドリンクは、ここでしか味わえなさそうだったので、マルコリーニ カカオティーをチョイス。
エクレアとお茶はセットにできて、お値段1,365円也。

IMG_1744.jpg IMG_1742.jpg

エクレアはほろ苦いキャラメルが美味。チョコレートはさすが。
マルコリーニ カカオティーは、カカオピールをお茶にしたものとのことだけど、正直なところお茶というには味も香りも物足りなかった。カカオの香りはしたけれど、濃厚で甘いチョコレートの香りとはまた違うし・・・・

金曜日の夕方ということもあり、仕事帰りの女性たちで店内は賑わっていた。
自分に“ご褒美”なのか、一人でチョコレートのパフェを食べている人もちらほら。
チョコレートの保存のため仕方がないのだろうけれど、店内はけっこう冷えるので、これからの季節、暖かい服装でどうぞ!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

豆スイーツ@Fève 

2011/10/22
Sat. 20:26

友人が家に遊びに来てくれるので、パティシエ辻口博啓がプロデュースした豆スイーツ専門店『Fève(フェーヴ)』豆スイーツを買ってみた。甘いものよりも乾きもの(?)のほうが好きだったような記憶があったので、チョイスしたのは、

・ ソラマメ x 海老パプリカ (380円)
・ 大豆 x 豆乳カレー (280円)
・ くるみ × 黒糖生姜 (400円)


の3種類。
大豆×豆乳カレーにはにんじんのチップスが、くるみ×黒糖生姜にはさつまいものチップスも入っていた。

IMG_1738.jpg IMG_1741.jpg

ソラマメ×海老パプリカは、もともとの素材であるソラマメの味がしっかり。他方、パプリカの味はあまりしなかった。
大豆×豆乳カレーは、マイルドなカレー風味で節分の豆が美味しくランクアップした感じ。ビールのお供にピッタリ。
くるみ×黒糖生姜は、その名のとおり。生姜はあまり強く感じず、こちらは甘くてとても食べやすい。

どれもそれなりに美味しいし、パッケージもなかなかキレイなので、何種類か買っておみやげにするのにピッタリ。
中の袋には密封できるチャックがついているので、食べ残してもある程度保存できるのもありがたい。
でも自分用、ふだんのおやつに、というにはちょっと価格が高めかな。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ヒア アフター 

2011/10/15
Sat. 22:21

『ヒア アフター』(2010年/米国 原題:Hereafter)を見た。

hereafter.jpg

=ストーリー=

アメリカ人青年ジョージ(マット・デイモン)は死者と“交信”する能力を持っており、それを商売にしていたが、そのことに疲れ今は工場で働いている。
イギリス人少年マーカス(フランキー・マクラレン&ジョージ・マクラレン)は、薬物中毒の母親から離され里子に出されているが、自分を支えてくれていた双子の兄を失くし、どうしても兄とつながりたいと思っていた。
フランス人ジャーナリストマリー(セシル・ドゥ・フランス)はバカンス中に津波に遭い臨死体験をする。仕事を休み執筆活動をして、その本を紹介するためロンドンのブックフェアに出かけ・・・

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ゴッドファーザー PART II 

2011/10/10
Mon. 21:26

『ゴッドファーザー PART II』(1974年/米国 原題:The Godfather Part II)を見た。

godfatherpart2.jpg

=ストーリー=

新たなドン・コルレオーネとなったマイケル(アル・パチーノ)は、ニューヨークからラスベガスに近いレイク・タホに本拠地を移していた。息子アンソニーのためのパーティーが開催されるが、その夜、屋敷を襲撃される。家族も無事だったが、身内に裏切り者がいると感じたマイケルは、トム(ロバート・デュヴァル)にファミリーを任せることとする。
マイケルは自分を狙った敵を処分しようとするが、身内から情報が漏れていたこともあり、犯罪調査委員会に呼ばれることとなってしまう。トムと共になんとか窮地を切り抜けたマイケルだったが、彼のやり方についていけなくなった妻ケイは彼のもとを去っていく。その後マイケルは敵、敵に情報を漏らした身内を次々に処分したが、彼は家族を失ってしまっていた・・・

マイケルの苦悩と、マイケルの父、ヴィト(ロバート・デ・ニーロ)が9歳の時にシチリアからたった一人で米国に移住し、ニューヨークのイタリア人街で頭角を現していくまでが並行して描かれた作品。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ゴッドファーザー 

2011/10/09
Sun. 21:18

こちらもWOWOWでやっていたので、『ゴッドファーザー』(1972年/米国 原題:The Godfather)を見た。

godfather.jpg

=ストーリー=

ドン・コルレオーネ(マーロン・ブランド)は“ゴッド・ファーザー”として“ファミリー”を束ねていたが、ドンが麻薬取引にかかわることを断ったため、他のファミリーから銃撃されてしまう。かろうじて命をとりとめたが、麻薬取引に積極的なファミリーも存在し彼らとの抗争は免れないと考えたドンの長男のソニー(ジェームズ・カーン)、養子で弁護士のトム(ロバート・デュヴァル)らは、その取引を持ちかけた他ファミリーの親玉と彼とつながっている警察官の殺害を企てる。三男のマイケル(アル・パチーノ)はこの世界とは別の世界に生きてきたが、その計画の実行を買って出て、見事その大役を果たす。
ほとぼりが冷めるまでシチリアに隠れていたたマイケルだが、ドンが回復し他のファミリーと平和協定を結んだことからニューヨークに戻り、昔の恋人ケイ(ダイアン・キートン)と結婚、ドンの後継者としてラスベガスのカジノ買収を企てる。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

極上の朝食@自由が丘LUPICIA 

2011/10/08
Sat. 21:31

今朝は前に先輩から勧められて興味をもっていた、『極上の朝食』を食べにLUPICIA(ルピシア)自由が丘本店へ。

『極上の朝食』は土日の午前8時~11時(LOは10時まで)限定で、LUPICIAの2階のレストランで提供されているもので、ホット2種、アイス2種のお茶がおかわり自由(種類は週によって変わる)というのが魅力。

朝食は、フレッシュミックス・ジュース天然舞茸のブイヨンスープからスタート。どちらも一口サイズなのであっという間になくなる。舞茸のスープは旨みたっぷりでなかなか美味しかった。
続いては産直野菜の彩りサラダ。いろいろな野菜が美しく盛りつけられていてテンションが上がる。ナスや枝豆が揚げてあったので、思ったよりも食べ応えがあった。
lupicia1.jpg lupicia2.jpg

お次は自家製パン&スコーン。スコーンは緑茶とオレンジを使ったものでなかなか美味しかった。パンはドライフルーツたっぷりのもの、バケット、コーンパンの3つ。バケット以外のパンにはわりとしっかり味が付いているのでほとんど使わなかったけど、台湾烏龍茶&白桃、ダージリン&葡萄、アールグレイ&さくらんぼの3種のティー・ジャムも付いてきた。
メイン(?)は3種から選べ、ワタクシは朝食の王道、地鶏の卵のオムレツ自家製ハム添えをチョイス(他のメニューは、ピリ辛シンガポール鶏飯、トウジャン(台湾式豆乳スープ))。見た目は想像していたものよりゴージャスではなかったけれど、卵はふわふわだった。
lupicia3.jpg lupicia4.jpg

最後はフルーツ。梨、マスカットと巨峰。マスカットは皮ごと食べられるという品種だった。
そして肝心のお茶ですが、ワタクシは粘る気まんまんで本を持っていったので、4種のうち3種もいただいてしまいました(笑)。ホットは、シャンパーニュロゼ。ストロベリーの甘い香りの紅茶でした。
lupicia7.jpg lupicia8.jpg

lupicia5.jpg lupicia6.jpgアイスは、緑茶ベースのグレープフルーツと、福建省の烏龍茶、色種(スージョン)。グレープフルーツは香りが爽やか。緑茶も苦味がなくとてもゴクゴク飲めた。色種はすっきりした烏龍茶でこちらも飲みやすかった。

お茶はどれも美味しく(ちゃんと淹れてくれるんだろうし)、この内容で1,700円は安くはないけど納得できる。
朝なのでそんなに混雑することもないし、店内もテーブルとテーブルの間が広くゆったりできたし、またぜひ本を持って、優雅な静かな時間を過ごしに来たいと思います♪

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

キラー・インサイド・ミー 

2011/10/07
Fri. 23:15

『キラー・インサイド・ミー』(2010年/米国 原題:The Killer Inside Me)を見た。

thekillerinsideme.jpg

=ストーリー=

1950年代の米国の田舎町。保安官ルー(ケイシー・アフレック)は、ある日上司から町にやってきた娼婦ジョイス(ジェシカ・アルバ)を追い出すように言われ彼女の家を訪ねる。ルーエイミー(ケイト・ハドソン)という町一番の美人と交際し、町の人たちからの評判もよい男だったが、ジョイスに殴られたことがきっかけでサディスティックな男に豹変する。その後ルージョイスは関係をもつようになり、ジョイスに自分に惚れ込んでいる金持ちから金を巻き上げ駆け落ちしようと持ちかけられたルーは、その話にのったと見せかけある計画を実行する・・・
-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

X-MEN: ファースト・ジェネレーション 

2011/10/02
Sun. 20:19

『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年/米国 原題:X-MEN:First Class)を見た。

xmenfirstclass.jpg

=ストーリー=

金属を操ることのできる特殊能力を持つエリック(マイケル・ファスベンダー)はナチス政権下で母を殺したシュミットに復讐するため彼らを追っていた。シュミットは今はショウ(ケヴィン・ベーコン)と名前を変え、キューバ危機を仕込み第3次世界戦争を引き起こし、突然変異により特別な能力を身につけたミュータントが人類を支配する世界をつくろうと画策していた。
自らもミュータントで人類との共存をめざし、その能力を研究しているチャールズ(ジェームズ・マカヴォイ)はエリックと出会い、特殊能力を持つミュータントを集めトレーニングを重ね、ショウの計画を阻止しようと立ち上がるが・・・

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ローマの休日 

2011/10/01
Sat. 20:23

WOWOWでやっていたので、久しぶりに『ローマの休日』(1953年/米国 原題:Roman Holiday)を見た。

romanholiday.gif

=ストーリー=

ヨーロッパの小国の王女アン(オードリー・ヘプバーン)は各国の表敬訪問の最後にローマを訪れた。過密スケジュールに疲れてしまったアンは宿泊先を脱出するも、鎮静剤が効いて広場のベンチで眠ってしまう。そこを通りかかったアメリカの新聞記者ジョー・ブラドリー(グレゴリー・ペック)がやむなく家に連れて帰る。一夜が明け、新聞社に出社したジョーは昨晩泊めた娘がアン王女だと知り、特ダネを狙って彼女のお忍びに1日付き合うことにするが・・・


-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-10