Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

オットー・ネーベル展@Bunkamuraザ・ミュージアム 

2017/11/19
Sun. 08:26

ottonebel.jpgBunkamuraで開催されているオットー・ネーベル展に行ってきた。

オットー・ネーベル(1892-1973)は、スイス(ナチス・ドイツを嫌いベルンに移住)、ドイツで活動した画家。建築技師としてのバックグラウンドを持ち、俳優の道を志したこともあるという異色(?)の経歴の持ち主。ドイツのバウハウスでカンディンスキーやクレーと出会い長年にわたり友情を育んだとのことで、カンディンスキーやクレーの作品も一部展示されていた。

展示は、
プロローグ:オットー・ネーベル「シュトゥルム(Strum)」と「バウハウス(Bauhaus)」の時代
1.初期作品
2.建築的景観
3.大聖堂とカテドラル
4.イタリアの色彩
5.千の眺めの町 ムサルターヤ
6.「音楽的」作品
7.抽象/非対象
8.ルーン文字の言葉と絵画
9.近東シリーズ
10.演劇と仮面
11.リノカットとコラージュ ネーベルの技法の多様性

という構成。
ottonbel2.jpg構成が物語るように、建築に影響を受けたり、演劇や音楽に影響を受けたり、詩や文字に影響を受けたり、と多彩な技法・画風が興味深かった。
ポスターに採用されている絵は、イタリアの色彩地図帳(カラー・アトラス)。町から感じた光を色彩に落としこんだもので、以降のオットー・ネーベルの作品のベースにもなっているもの。淡い黄色がベースのものがナポリで、グレーの土台のものがポンペイ

作品は色鮮やかなものが多く、ギフトショップで売られていた展覧会オリジナル商品も、なかなか可愛らしかった(←)。
Bunkamuraザ・ミュージアムの展覧会には毎回行っているけれど(←株主優待券があるので)、これまで触れることのなかった、全く知らない画家・芸術家の作品を知るきっかけになってくれている。好みじゃないなぁ、、、というものもなくはないけれど、今回のオットー・ネーベルの作品は好きな部類でけっこう楽しめた。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ベルギー奇想の系譜@Bunkamuraザ・ミュージアム 

2017/07/22
Sat. 21:48

fantasticartinbelgium.jpgBunkamuraで開催されている、『ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで』に行ってきた。

現在のベルギーとその周辺地域では、中世末期から写実主義の伝統の上に、空想でしかありえない事物を視覚化した絵画が発展していた。そして18世紀、自然科学の発達と啓蒙思想により不可解なものは解明されていき、心の闇に光が当てられるようになり、さらに産業革命後の19世紀に、人間疎外、逃避願望を背景とした象徴主義がかつての幻想美術の伝統を引き継いでいった。そのような一連の流れを追った企画展。

構成は、
第1章 15-17世紀のフランドル美術
第2章 19世紀末から20世紀初頭のベルギー象徴派・表現主義
第3章 20世紀のシュールレアリスムから現代まで

というもの。

第1章の見どころは、このポスターにも採用されている、ヒエロニムス・ボスの工房で描かれたと判明した『トゥヌグダルスの幻影』。地獄における七つの大罪とそれに対応する懲罰が描写されている(たとえば、右下で酒を飲まされているのは「大食」、左上の死者の仮面をかぶった人に鏡を見せられている女性は「傲慢」など)。
この章の作品は、あちこちにいろいろなものが細部にまでこだわって描かれていたので、間違い探し?とか『ウォーリーを探せ』をしているような気分にもなった。

第2章で印象に残ったのは、ジェームズ・アンソールの『オルガンに向かうアンソール』。色彩は温かみのあるオレンジや黄色が主だったのだけれど、滑稽さに加え、少しもの悲しさも感じさせる不思議な絵だった。

第3章で印象に残ったのは、磔刑のキリストをモチーフとした『プレッツェル』という作品(オブジェのようなもの)と、『生き残るには脳が足らない』という彫像と、タイトルと描かれているものがまったく合っていない(?)ルネ・マグリッドの『大家族』

正直なところ、今回の展覧会はワタクシの好みではなかった。館内も冷房が効きすぎていて(作品保護のためもあり)寒く、ゆっくりしたいという気にもなれなかったし。。。
まぁでも、いろいろなものを観てみないと、自分の好みもわからないとも思うので、「合わないな」と気づいたというこの体験は、これはこれで良かったのだとも思う。


[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ソール・ライター展@Bunkamuraザ・ミュージアム 

2017/06/18
Sun. 14:35

Bunkamura@ザ・ミュージアムで開催中の、『ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展』に行ってきた。

Saul Leiter Saul Leiter2


ソール・ライターは1950年代、ファッション誌のカメラマンとして仕事をしながら画家として絵を描き、1980年代に商業写真界から退いた後、2006年にに83歳で発表した写真集『Early Color』で再び注目された写真家。
ニューヨークのイースト・ヴィレッジに長年暮らし、そこから切り取った日常が彼の作品の真骨頂。

展示は、

1.ファッション 
2.ストリート (白黒写真)
3.カラー
4.絵画
5.ヌード (付き合っていた女性が被写体)

という構成。

被写体として傘がたくさん選ばれていたので、梅雨のこの時期は鑑賞に良いタイミングなのかも?
特別なところに行かなくても、日々の暮らしの中で見ている何気ない景色の中にも、美しいものがあるのだと、気づかせてくれる写真展でした。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ThisisKyosai.jpg渋谷のBunkamuraで開催中の、『これぞ暁斎!ゴールドマンコレクション』展に行ってきた。
河鍋暁斎(きょうさい)は、江戸末期から明治初期にかけて活躍した画家。歌川国芳に弟子入りしていた浮世絵師でもあり、狩野派の絵師でもあった。注文が来たものは拒まず、真面目な仏画から風刺画まで、さまざまなジャンルの作品を残している。

展示は、

序章 出会い - ゴールドマンコレクションの始まり
第1章 万国飛 - 世界を飛び回った鴉たち
第2章 躍動するいのち - 動物たちの世界
第3章 幕末明治 - 転換期のざわめきとにぎiわい
第4章 戯れる - 福と笑いをもたらす守り神
  笑う - 人間と性(春画)
第5章 百鬼繚乱 - 異界への誘い
第6章 祈る - 仏と神仏、先人への尊崇


という構成。

印象に残ったことをメモ。

・ 風刺画が過ぎ、逮捕されたこともあった暁斎は、枯木寒鴉図で日本画の最高賞を獲得、名誉挽回したとのこと。その際に、その作品に当時は法外な値段といえる「100円」という値をつけたが、栄太郎総本舗がその言い値で買い取ったというエピソードが紹介されていた。鴉の絵1枚の値段ではなく、これまでの精進に対する評価だ、と暁斎は語ったのだという。

・ 個人的には、第2章の動物の絵たちが可愛らしくて好きだった。けれども、地震をおこすといわれるナマズは明治維新で「揺れに揺れている国(日本)」や「役人」を表していて、ナマズをからかう猫=芸者の風刺画を多く残したとの説明も。

・ 虎と豹を描き分けた、「舶来虎豹幼絵説」も素晴らしかった。作品のアイデアも豊富なほか、絵そのもの、写生も上手だったことが良くわかった。

・ 音声ガイドは、今を時めく(?)笑点の司会者、春風亭昇太。第5章では幽霊の落語を聞かせてくれた(笑)。第5章では、「三味線を弾く洋装の骸骨と踊る妖怪」が特に印象に残った。当時この絵は、ものすごく斬新に写ったのだろうなぁ。

絵のことはよくわからないけど、日本画もなかなか面白いと思い出した、今日この頃ここ数年です。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ikedariyoko1.jpg職場のすぐ近くでやっていたので、『デビュー50周年記念展 池田理代子 「ベルばら」とともに』に行ってきた。
池田理代子さんは、1947年生まれ。
学生時代に学生運動に参加、親のすねをかじっていてはダメだと思い生活費を稼ぐため、貸本屋で漫画を描き始め、実力をつけて大手出版社からデビュー。はじめての長期連載で、「歴史ものは当たらない」という編集者の反対を押し切り、「絶対当ててみせます!」と豪語し、1972年に「ベルサイユのばら」は始まったのだとか。池田理代子さんは、高校時代に読んだ小説から、最期はマリア・テレジアの娘として死を目前にした瞬間に輝やいた女性マリー・アントワネットを描きたいと思っていたのだとか。

展示は、貸本屋の漫画の原画、「ベルばら」連載前の週刊マーガレットに掲載された連載の原画などからスタート。
どんどん絵がうまくなっていく様子がよく分かった。

続いては「ベルばら」の展示。
原画はもちろん、「ベルばら」は登場人物の紹介、重要な場面(ドレスを着たオスカルがフェルゼンと踊るシーンとか、マリーアントワネットの最期とか、オスカルとアンドレがとうとう結ばれるシーンとか)のパネル、そして初演から何度も繰り返し公演されている宝塚歌劇団の「ベルばら」のパネルなども。
(大昔、宝塚が好きだった友人に連れられて見に行った、星組(トップは日向薫)の「フェルゼンとアントワネット編」のパネルもあって、ものすごく懐かしかったー


こちらは写真撮影OKのコーナーにあった、宝塚の衣装
アントワネットとフェルゼン、
ikedariyoko2.jpg

そしてオスカルとアンドレのもの
ikedariyoko3.jpg ikedariyoko4.jpg


このほか、池田理代子の「ベルばら」に次ぐ代表作、「オルフェウルスの窓」に関する展示や、「ベルばら」をパロディにした4コマ漫画「ベルばらKIDS」に関する資料も豊富だった。

ちょっと驚いたのは、意外に男性客が多かったこと。
女性と一緒にという人はもちろん、おひとりさまもちらほら。
そしてオリジナルグッズの販売もなかなか充実していた(さすが、高島屋)。
お約束のクリアフォルダはもちろん、便箋や付箋、ベルばらの登場人物の「泣き顔」を集めてプリントしたティッシュとか、マスカラやフェイスパックなどのプチプラコスメなどなど。何も買わなかったけど、見ていてなかなか楽しかった。

ベルばら、文庫セットも出てるみたいだし、もう一回読んでみよ♪

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-11