Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

マルタ&シチリア旅行:6日目(その1)シラクサ 

2017/05/03
Wed. 12:59

【マルタ&シチリア旅行:6日目(その1)シラクサ】
シラクサ → カターニア → タオルミーナ)


宿泊したB&Bの朝食の時間が8時半~と遅かったため、朝食前にアポロ神殿の近くで毎朝開かれているマーケットを少し散策。
といってもマーケットもまだ始まったばかり、開店準備中の店も多く、お客さんもまばら(もっと遅い時間はにぎわっていた)。
パピルス製品などのみやげもの屋の他、ちょっとした衣料品などもあったけれど、メインは食材。ドライフルーツが豊富でいっぱい試食させてもらった。
siracusa14.jpg siracusa15.jpg
食材の花形?は、魚介類。ひたすら小エビの頭と殻をとっていたイケメン男子がいたので撮影させてもらった(笑)。
siracusa11.jpg siracusa12.jpgsiracusa13.jpg
siracusa16.jpgsiracusa17.jpg時間になったのでB&Bに戻り朝食タイム。
屋上のテラス席での朝食とは聞いていたけれど、それが想像以上でテンションがあがった
テラスからは海と対岸のシラクサの新市街が見えて気持ちが良く、フレッシュなオレンジジュース、リコッタチーズたっぷりのクロワッサン、オリーブの塩漬けの入ったパン、ハム、チーズ、果物、ヨーグルトなど盛りだくさん、淹れてくれたカプチーノも美味しかった。

しっかり朝食を摂ってチャージした後、さらにオルティージャ島内を散策。
まずは、シラクサのドゥオーモ(守護聖人はサンタ・ルチア)。
このドゥオーモは、もともとは紀元前5世紀ごろアテナ神殿として建てられたもので、その後教会となってたびたび手が加えらている。
siracusa18.jpg siracusa19.jpg
古代ギリシアの列柱も内部に残っていて重厚な感じがする(↑右、↓左)かと思えば、華やかな天井画もあり(↓右)、独特の雰囲気を醸し出している。
siracusa20.jpg siracusa21.jpg

続いて訪れたのは、オルティージャ島の先端にあるマニアーチェ城塞(↓)。
もともとは11世紀中頃、ビザンツ帝国から派遣されたマニアーチェ将軍により築かれた城塞で、13世紀には、中世にあって時代を先取りした近代的君主であり、シチリアの復興に努めたフェデリーコ2世(神聖ローマ皇帝フリードリッヒ2世)により拡大改築されたのだという。
siracusa22.jpg siracusa23.jpg

ちょっと短かったけれど(もう1泊して考古学博物館なども行きたかった)、旅程の関係上、次の目的地タオルミーナへ向かうため、シラクサの新市街にあるバスターミナルへ。
オルティージャ島からはほぼ一本道なので迷うことはないけれど、スーツケースを持っての移動は思ったより時間がかかり(ガイドブックなどには島の入り口からだと徒歩10分程度とあるが、荷物があるときは20分くらいは見ておいたほうが無難)、汗だくになりながら、なんとか予定のバスに乗車。

シラクサからタオルミーナ直行のバスはほとんどないので、シチリア第2の都市(国際空港もある)カターニアのバスターミナルで乗り換え。
シラクサで時間がなくバスの車内で切符を買ったため、最終目的地タオルミーナまでの切符が買えず、カターニアで切符を買わなくてはならなかったのだけれど、なんとバスターミナル内に切符売り場がない!!!そんなに遠く離れているわけではないけれど、いったんターミナルを出て道を渡ったところになるので、カターニアで乗り継ぐ場合でも、切符は最終目的地まで買っておくべし。

ちなみに、ワタクシはシチリア内の移動は(初日のチャーター車を除き)、長距離バス=プルマン=を利用。
鉄道も走っているけれども、観光地(旧市街)から離れている駅が多く、駅からさらにバスを使うことになりそうだったから。
ただし、長距離バスとはいえ、事前予約制ではないので、タオルミーナ⇔カターニアなど利用者の多い便であれば、早めにターミナルについておいたほうが無難だろう。

バスは、常に渋滞していたタオルミーナを除いては、意外と時間に正確だった。
なお、シチリアは朝8~9時ごろと、お昼の12時すぎから14時半ごろまでは渋滞する。朝は、出勤に加え学校へ子供を送っていく人が多く、昼は子供の送り迎えと昼食を自宅に戻り、また職場に戻る人が多いため。ここではいわゆるシエスタ文化がまだまだ根強く残っていて(車で移動してたら昼寝の時間はないだろうけど)、お店なども昼休みをとっているところが多かった。

6日目(その2)に続く。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ルアンパバーン旅行(最終日) 

2015/02/10
Tue. 17:33

【ルアンパバーン旅行 : 最終日】
(ルアンパバーン)


さて、最終日は、朝市の観光からスタート。
観光客の多いルアンパバーンの町にあって、ここの市場は地元の人の暮らしが垣間見える場所(といっても、もちろん、カメラを持った観光客も多い)。
野菜や果物(↓右の人の買い物袋の中も注目)、
LP4-1.jpg LP4-2.jpg
タコ焼きにそっくりなココナッツミルク入りの焼き菓子、魚の干物・乾物、鶏肉、
LP4-3.jpg LP4-4.jpg LP4-5.jpg
新鮮(?)さばきたての鶏、大小様々な川魚、蛙の丸焼きなどなど、いろんなものが売られていた。
LP4-6.jpgLP4-7.jpgLP4-8.jpg

LP4-9.jpgこちらは、土産物にもよく売られているメコン川で採れる海藻。海苔みたいにパリパリで、胡麻がたっぷり。なかなか美味しかった。
ルアンパバーンでは職場のお土産になるようなものがなく困ったのだけれど(女性は小物ポーチとかでいいんだけど)、この海藻、もうちょっとパッケージ工夫してくれたら、ばらまき用にちょうどよかったのになぁ・・・誰か、商品化してみて~!


朝市をふらふらした後は、メコン川沿いにカフェなどが立ち並ぶマンタトゥーラート通りを散策。途中、絵を売っているところがあったり、雰囲気の良い公園(ホテルが運営しているらしい。入るのは無料)があったりして、のんびりするのには良いエリア。
その公園から、メコン川にかかる竹橋も見え、なかなか風情があった。
LP4-10.jpg LP4-11.jpg

その足で、本日のメイン・イベント、ルアンパバーンにある数ある寺院の中で最も美しいと言われる、ワット・シェントーンへ。
本堂の、ルアンパバーン様式の屋根がとても美しい。
LP4-12.jpg

こちら(↓)は、本堂の入り口。ご本尊は意外と小さかったけれど、
LP4-13.jpg LP4-14.jpg
内部の装飾(↓)はなかなか凝ったものだった。
LP4-15.jpg LP4-16.jpg

こちらは本堂の背面。かつてここに生えていたという大樹、”マイ・トーン”(黄金の木)のモザイク画が描かれている。
LP4-17.jpg

LP4-18.jpg反対側から見た本堂の屋根。

境内で本堂に負けず劣らず目立っているのが、金ぴかの霊柩車庫(↓)。
LP4-19.jpg LP4-20.jpg
龍の頭の装飾が施された霊柩車(↓左)は、1960年に行われたシーサワンウォン王の葬儀の際に使われたもの。
内部は赤く塗られ、青いタイルなどが使われていたモザイクが可愛らしい。このモザイクは、国立博物館内でも似たようなものが見られた(2日目(前編)で、写真が撮れなかった、と書いたもの)。
LP4-22.jpg LP4-21.jpg
こちら(↓左)は、レッド・チャペル。1957年にブッダ生誕2500年を記念して建てられたものだという。
LP4-23.jpg LP4-24.jpg
こちらは祭り用ボートとその艇庫。一直線に20人近く乗れそうな、ものすごーく長いボート。
LP4-25.jpg LP4-26.jpg
ワット・シェントーンの観光は以上で終了。
LP4-28.jpg街の中心部に戻り、ちょっと気になっていた小さな図書館(↓)を覗いてみた。小さく蔵書も少なかったけれど、日本から寄贈された本がけっこうあったようだ。
ちなみに、この図書館の裏手に比較的きれいなお手洗いがある。有料(2,000キープ)と書いてあるけれど、トイレットペーパーをくれるおばちゃんもおじちゃんもいないことが多かった。
LP4-27.jpg

さてさてランチ・タイム♪
ルアンパバーン名物の、辛味噌麺、カオ・ソーイ(←)をオーダー。もちろん、ビア・ラーオも一緒に。
きしめんのような麺はかなりふにゃふにゃでちょっと残念。こういうものなのだろうけれど・・・

観光客が多く行き来するメインストリートに面している小学校(↓)。
男女共学のようで、みんなで校庭で遊んでいる様子を見ることができた。こんなところで集中して勉強したり遊んだりできるのかな?と思ったけど、当の子供たちは、あまり気にしていないのかも。
LP4-29.jpg LP4-30.jpg

時間が余ったので、ウィンドウショッピング。こじゃれたブティックをのぞいて時間を潰す。
LP4-31.jpg LP4-32.jpg

さらに時間が余ったので、マッサージに行ってみた。
物価はそれほど安いと思わなかったけれど、ふらっと入った庶民的な店のマッサージは激安で、60分の全身ボディ・マッサージ(ラオ・マッサージ)が40,000キープ(約620円)也

ホテルに戻り、ホテルの車で空港へ。
ドライバーさんがおしゃべりな人で、日本人旅行客はキレイ好きなので助かる、中国人は英語もできないし汚いしうるさいので困る、ラオスの最近の若者はみんな公務員になりたがっている、ラオスの人たちは10代後半で結婚するのが普通で女性は子供をたくさん産む、などなど、いろいろ話してくれた。

19時20分発ハノイ行きの便でハノイへ、ハノイの空港で4時間ほど待ち、再び成田へ。

3泊の短い旅だったけど、夕日を見てのんびりしたり、ベトナム戦争とラオスの関係を学んだり、なかなか充実した旅でした。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-05