Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

アタカマ&ウユニ旅行(7日目) 

2017/03/02
Thu. 22:22

【アタカマ&ウユニ旅行(7日目)】
ウユニ → ラパス


ウユニからラパスまでは飛行機で移動。
ウユニの空港付近は連日の雨で水浸し・・・(↓左)。
Amaszonas航空というちょっと怪しい(?)キャリア(↓右)で不安に思っていたら、機体トラブルで乗る予定だったフライトが1時間ほど遅れたものの、無事ラパスに到着。
uyuni7-1.jpg uyuni7-2.jpg
ボリビアの事実上の首都(憲法上の首都はスクレ)、ラパスの空港はエル・アルト地区と呼ばれる標高の高い地区にあり、なんと4100m!ラパスの町はすり鉢状になっていて、最も高いところと低いところとでは、1000mも違いがあるのだとか。
市内の公共交通機関、ロープウェイ(イエローライン)に乗って、すり鉢状のラパスの町を見下ろした(↓)。
このロープウェイは”ミ・テレフェリコ”といい、赤、黄、緑の3ラインが運航中。運賃は3ボリビア―ノ(約0.5米ドル)と格安。
ラパスの町の標高の高いところは貧しい人たちが住む地域になっていて、道路も整備がされていなくて階段も多い(車では通れないところが多い)。高度が低くなるにつれて、暮らす人の経済力も上がり、中腹より下になると高層ビル(住居用のマンション)も林立していた。
uyuni7-4.jpg uyuni7-3.jpg


uyuni7-5.jpgロープウェイから見たラパス(←)。
遠くに住宅がないエリアが見えているけれども、そこは地盤が弱く土砂崩れが起こりやすいところで、住宅を造ることが禁じられている地域なのだとか。ラパスでは地震はないが、土砂崩れが頻繁に起こっているとのこと。
uyuni7-6.jpgロープウェイを下り、車で”月の谷”と呼ばれる、氷河によってできた奇岩が見られる谷へ。
uyuni7-7.jpg月の谷の展望台からの眺め。
谷の周りをくるっと1周する遊歩道があるのだけれど、ワタクシたちはこの展望台までの道を少し歩いただけで観光終了。
入口のお土産物屋が小さいながら、わりと可愛らしい雑貨がたくさん売られていた。

昼食は、ラパスの高級日本食レストラン『New Tokyo』にて。胃が弱っていたにもかかわらず、しっかり食べてしまったため、この後、痛い目にあうことに・・・

ラパスの中心、ムリーリョ広場を観光。
正面に見えるのがカテドラル(↓左)、ボリビア独立の英雄ムリリョの像(↓右)。
uyuni7-8.jpg uyuni7-9.jpg
こちらは、「新しいこと、これまでないことをやってみよう!」という意気込みの表れ(?)、時計の針が逆の国会議事堂(↓左)。そのお隣はボリビアの国章(↓右)。中央にはアルパカとポトシ銀山が描かれていて、その上にはコンドルがあしらわれている。
uyuni7-10.jpg uyuni7-11.jpg
uyuni7-12.jpg国会議事堂の前には、ボリビアの国旗(赤、黄、緑)のほか、ウィファラという先住民を象徴する旗も飾られていた。
ちなみに、ボリビアの正式名称は、「ボリビア多民族国」。

続いては、リナレス通りとサガルナガ通り、別名”魔女通り”という、民芸品を売っている通りへ。
家を建てるときに埋めると良いとされるリャマの胎児のミイラ(↓左)や、大地・豊穣の神パチャママに捧げるお供えのお菓子や人形(↓右)、魔除けのお守り、さらにはコカの葉っぱなども売られていた。
uyuni7-13.jpg uyuni7-14.jpg
日本人観光客向けに、「日本人デザイナーのアルパカ織物の店」もデカデカと看板が出ていた。アルパカ製品は、小さな露店でも、手袋や帽子、マフラーなどが手ごろな値段で売られていた。

最後に訪れたのは、サンフランシスコ教会
もともとはスペイン人入植者が建てたもので、カトリック布教にあたり土着のパチャママ神(↓右)も取り込まれている。
uyuni7-15.jpg uyuni7-16.jpg
なお、スペイン人は、インカ帝国に支配されていたボリビアの人々に対して、「敵(インカ)の敵(スペイン)は味方」ということで友好的に近づき、スペインに協力した人たちに農業をさせたり、鉱山の働き手にしたりして、虐殺はせず重用したのだという。ポトシなど銀山の働き手にはアフリカから奴隷も連れてこられたが、高山病などに悩まされ、原住民(ケチュア族やアイマラ族)に頼らざるを得なかったようだ。

saltchoco観光終了後は、ホテル(5つ星)にチェックイン。近くのスーパーにお土産などの買い出しに出かけた。
買ったのは、”Para Ti(パラ・ティ)”というブランドのチョコレート(ウユニの塩の入った板チョコや、キヌアが入った板チョコなど)、チアシードなど。キヌアを買っている人も多かった。

夕食はホテルのレストランで。ステーキなど美味しそうな食事だったものの、胃の調子が最高潮に悪く、まったく食べられず。
胃薬を飲んでおとなしく寝ました
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

【7日目(その1):ブダペスト・国会議事堂と聖イシュトヴァーン大聖堂】


psh-7-1-1.jpgブダペスト観光初日、まず訪れたのは、国会議事堂(←)。
現役の国会議事堂なので、内部を見るためにはガイドツアーに参加する必要がある。
以前はチケットを求めて並ばないとダメだったようだけど、今はネットで事前予約ができるので、ワタクシはそれを利用した。

2013年5月の時点で、国会議事堂は修復(?)工事中。しかも、国会議事堂の面するコッシュート・ラヨシュ広場も大がかりな工事をしていた。あの様子では、当分工事は続きそう。

ガイドツアー(英語)は9時15分スタート。どこかの国の団体さんもいて、参加者は40人くらいいただろうか。

正面の入口(いつもは閉じられていて、要人が訪問するなど特別な日のみ開くとのこと)を入ると、階段があり大きな吹き抜けのあるホールになっている。どこもかしこも(?)豪華な装飾がなされていて、ため息がでてしまうほど。
窓のカーテンもステンドグラス(↓右)。美しいし、洗濯も不要で実用的(笑)。
psh-7-1-2.jpg psh-7-1-3.jpg
天井のフレスコ画も美しい。

psh-7-1-4.jpg psh-7-1-5.jpg
psh-7-1-6.jpgここ国会議事堂には、ハンガリーの初代国王イシュトヴァーン(後述)の戴冠から、最後の王が大二次大戦後に退位するまで、約1,000年に渡って受け継がれてきた王冠(←)が展示されている。戦後、国外に持ち去られていたとのことだが、1978年にハンガリーに返還されたのだという。
宝石がちりばめられたゴージャスな王冠、厳重な警備がされているので、あまり近くに寄ることはできないけれど、一見の価値アリ。

こちら(↓)は議場の様子。
慣れるまでは見とれてしまって、議員も審議に集中できなさそう・・・などと思ったのはワタクシだけ?
psh-7-1-7.jpg psh-7-1-8.jpg
ガイドツアーは約45分で終了(といっても、入場時のセキュリティチェックで15分近く時間を取られたので、実際は30分くらいだった)。
続いて訪れたのは、聖イシュトヴァーン大聖堂(↓)。
psh-7-1-9.jpg完全に余談だけれども。これまでこの旅行では、比較的のんびりしたところばかりを訪れてきたせいもあり、この大聖堂の前の広場に集まっている大勢の観光客に圧倒されてしまったワタクシ。ブダペストは素晴らしいところで、たくさんの人々を惹きつける魅力があることはまったく否定しないけれども、もう少しのどかな、観光客も少なめのところが、ワタクシは好きなのかも、、、などと思った。

話をもとに戻して。
大聖堂の名前になっているイシュトヴァーンとは、ハンガリーの初代国王。
ハンガリー統一を進め、ローマ教皇から授かった冠を用いて戴冠した王で、ハンガリーのキリスト教化に貢献したとしてカトリックでは聖人にも数えられている。

こちら(↓)は教会の内部。
主祭壇にはイエス・キリストでなく、聖人イシュトヴァーン像が置かれている。
psh-7-1-11.jpg psh-7-1-12.jpg
この大聖堂の最大の見どころ(?)は、聖イシュトヴァーンの右手のミイラ(↓右)。
聖遺物をありがたく思う、信仰の対象になるという考え方が、ワタクシにはどうもしっくりこないしのだけれど、どうやってこのミイラができたか、といったような説明の展示もされていて、信仰を持った人にとっては、大事なものなのだろうということは、なんとなく理解できた。
psh-7-1-10.jpg psh-7-1-13.jpg

psh-7-1-14.jpg教会の塔の上は、展望台になっている(別料金が必要)。
エレベーターと階段で上れるのだけれど、エレベーターが6人乗りと4人乗り。カップル社会のヨーロッパ、一人旅のワタクシはかなり迷惑な存在だったかも・・・

こちら(←)は、展望台からの眺め。
その一部のズームアップ(↓左)、王宮方面の様子。マーチャーシュ教会、漁夫の砦などが見える(詳細は【7日目(その2)】へ。)。

色鮮やかなタイル屋根が印象的な建物は、郵便貯金局(↓右)。タイルは、ハンガリーが誇る陶磁器工房(メーカー)、ジョルナイ製のもの。
psh-7-1-15.jpg psh-7-1-16.jpg
見晴らしがよいので、高い所が苦手でなければ、ぜひぜひこの展望台には上ってみるべし。

psh7-1-17.jpgところで。
聖イシュトヴァーン大聖堂の前の広場に面したジェラート屋さんがオススメ(繁盛しているのですぐわかるかと)。
人気の秘密は、おそらくこのバラの形の盛り付け(→)。
3フレーバーを選べるMサイズは550フォリント(約250円)と、ブダペストの物価からすると決して安くはないけれど、可愛らしい形にテンション上がること間違いなし。
ただ、オーダーした順番に内側から花びらを作っていくので、オーダーの順番は考えたほうがよいかも(ワタクシは、ストロベリー、バニラ、ピスタチオという順にオーダーしたのだけれど、逆に言ったほうが良かったとちょっぴり後悔)。

以上で本日のペスト側の観光は終了。午後は、ブダ側に移動します。

【7日目(その2)】へ続く

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

米国東海岸ミニ旅行 ~2日目~ 

2011/06/17
Fri. 23:17

【2日目 : ワシントンD.C.】



ホテルの1階に入っていたスタバで朝ごはんを済ませ、本日の観光スタート。
地下鉄に乗って移動したのだけれど、まず運賃が複雑で閉口。平日の朝夕のラッシュ時がいちばん高くて、土日や平日の昼間などはオフピークで安くて、その他が通常料金というように細かく設定されている。1日パスを買おうかとも思ったのだけれど、まだ朝早くラッシュ時だったため使えず断念、とりあえず5ドルのフェアカードを購入。

ワシントンD.C.の地下鉄の駅は、まるで核シェルターのよう。
節電なんて関係ないはずだけど、駅構内は薄暗かった。というか、これが普通でやっぱり日本が明るすぎるのかも?
IMG_4281.jpg
IMG_4282.jpgフォギィボトムという駅で下車、その後ひたすら南へ歩き、15分ほどすると、広い広い土地にどどーんと白い建物が見えてきた。これが今日の最初の目的地、リンカーン記念館(Lincoln Memorial)だ。

残念ながら、リフレクティングプールは工事中。
前に来たとき(2001年3月)も確か工事中だった気がする、タイミング悪いなぁ・・・

IMG_4283.jpg IMG_4292.jpg

まだ太陽が高くなくそんなに暑くもなかったので、てくてく歩いて、第二次世界大戦記念碑へ。噴水の北半分が“大西洋戦(Atlantic)、南半分が“太平洋戦(Pacific)”となっていて、アメリカは日本だけでなくヨーロッパでも戦っていたんだなぁ・・・などとぼんやり考えた。
IMG_4297.jpg IMG_4298.jpg


さらにてくてく歩いて、ワシントン記念塔(Washington Monument)へ。
塔の上の展望台に上がることもできるのだけれど、整理券が必要とのことだったので断念。
IMG_4302.jpg

ここから進路を変更、ホワイトハウスへ。
といっても、2001年9月11日以降は一般の観光客は入ることができず、遠くから眺めるのみ(母はずいぶんがっかりしていた)。とはいえ、それでも多くの観光客が写真を撮りに訪れていた。
IMG_4306.jpg


次は、国会議事堂(United States Capitol)へ。
こちらは事前にネット予約をしていて中に入ることにしていたので、ビジターセンターに向かうと、セキュリティ・チェックには長蛇の列が!!!
11時10分のツアーの予約をしていたのだけれど、とてもその時間に間に合いそうにない(予約票をよく見てみると、セキュリティに時間がかかるので30分前には来いと書いてあった・・・)。大丈夫かなーと不安だったけれど、中に入ると同じく「11時10分」のツアーに参加する人がうじゃうじゃいて一安心。
しかし、ツアーに参加する人の人数が半端じゃない!!!5つくらいのグループに分かれたとはいえ、200人は超えていたんじゃないだろうか。
IMG_4312.jpg IMG_4315.jpg
ツアーで案内してくれるのは、ロタンダ(Rotunda)と呼ばれる円形大広間(↓左&↑右)と、1857年まで下院議会室として使われていた彫像ホール(Statuary Hall)(↓右)。
ロタンダには、アメリカが領土を獲得していったところや、独立を勝ち得ていった様子が描かれた大きなフレスコ画が飾られ、また、ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファソンなどおなじみの大統領だけでなく、アイゼンハウアーやロナルド・レーガンなどといった比較的最近の大統領の彫像なども飾られていた。
彫像ホールには、各州で傑出した二人の像が陳列されており、ガイドさんが子供たちに「どこから来たのか?」と尋ねては、その州の代表の彫像はあそこにある誰々です、と説明していた。
それからこの部屋の床にはところどころブロンズプレートが埋め込まれていて、下院議員だった当時の席が示されている。リンカーンのプレートを見つけて子供たちは大喜び(やっぱりリンカーンはアイドル並みの人気者!)。
IMG_4316.jpg IMG_4317.jpg

国会議事堂の観光後は、館内の通路を通って向かいにある議会図書館(Library of Congress)へ。
議会図書館は3つの建物から成っているとのこと、この(↓)非常に立派な、美しい建物はトーマス・ジェファソン館(Thomas Jefferson Bldg)。日本の国会図書館ってどんな感じだっけ?
IMG_4320.jpg IMG_4323.jpg
内部には、グーテンベルクの聖書、マインツの大聖書が展示されていたり、“本がないと生きられない”と言ったトーマス・ジェファソンの図書室を再現した部屋などがあり、なかなか見どころが多かった。

昼食をとってから、モールに戻り、ナショナル・ギャラリーへ。
ナショナル・ギャラリーはスミソニアン協会の美術館ではないらしいのだけれど、同じモールにあるということで、こちらも無料で入場できる。素晴らしい♪

母もワタクシも、そんなに美術に詳しいわけではない(むしろ知識ナシ)ので、案内所で“West Building Highlights”という、“これだけは見ましょう”地図をもらい(ナショナル・ギャラリーには西館と東館があり、東館は現代美術が中心)、それに沿って見ていくことに。

で、最初のハイライトは、レンブラントの『自画像』(→)。
一度は名声と富を得たレンブラントが落ちぶれてしまい、破産宣告を受けた後で描いた自画像なんだとか。
そう言われてみれば、覇気がないというか、とても生きる希望に満ちた画家の顔には見えませぬ。
この絵の近くで、模写をしているおばさんがいたので写真撮影(↓左)。模写というより、オリジナルを自分流にアレンジしているのでしょうが、日本の美術館って写真撮影もNGだし(米国やヨーロッパだと、フラッシュ焚かなければ撮影オッケーというところが多い)、スケッチもNGだし、心が狭いというか、神経質というか。。。

続いて、ヨーロッパ以外ではここにしかない、レオナルド・ダ・ヴィンチの『ジネブラ・デ・ベンチの肖像』ルーベンスの『ライオンの檻の中のダニエル』(↓右)などを鑑賞。
IMG_4340.jpg

IMG_4341.jpg IMG_4342.jpg
西洋の美術館に行くと宗教画が圧倒的に多いわけだけれど、今回は先月にイスラエル旅行をしていて知識が少し増えていたので、「おっ!これはあの絵だな」と解説を見なくてもわかる絵が何枚かあって嬉しかった。
たとえば(↓左から)、ヴィア・ドロローサの第6留のエピソードが元になっている『ベロニカのヴェール』、『受胎告知』(ヤン・ファン・エイクの作品)、『カナの婚礼の奇蹟』など。
IMG_4344.jpgIMG_4346.jpgIMG_4347.jpg


盛りだくさんの本日の最後は、国立航空宇宙博物館・本館へ。
別館に先に行っていたので、本館に入ったときは「なんか狭い」と思ってしまったのだけれど、こちらのほうがいろいろな説明なども多く、「博物館らしい」雰囲気(別館はまさに格納庫という感じ)。


IMG_4353.jpg日本人なら必見の、三菱零式艦上戦闘機52型A6M5、すなわちゼロ戦
ゼロ戦は第二次大戦中約1万機が製造されたらしいのだけれど、この52型は後期に生産されたものとのこと。
エンジンの馬力が大きくなかったため、防御装置が装備できず、性能で優位に立っていたときは無敵だったが、守勢に回ったときには弱さを露呈したという。
IMG_4358.jpgこちら(←)は、アポロの月着陸船
宇宙飛行士もちゃっかり登場しちゃったりして、なんだか可愛らしい。
IMG_4359.jpg勉強不足でこれを見て初めて知ったのだけれど、1975年に米国のアポロとソ連のソユーズが宇宙でドッキングして両国の宇宙飛行士が共同で研究観測をおこなったとのこと。それを再現したのがこちら(←)の展示。
米ソの冷戦の中で、こんな共同研究がされていたなんて、なんだかちょっと感動してしまった。

そのほか、ライト兄弟が人類初の動力飛行に成功したときの『1903フライヤー』もなかなか見応えがあった(狭いところに展示されていたのでうまく写真に収めることができず)。

最後にミュージアムショップに行き、定番のおみやげ、宇宙毛布宇宙食のイチゴを購入。宇宙毛布は6ドル、宇宙食のイチゴは5ドル。
宇宙食のイチゴはスーツケースの中で揉まれてしまい、粉々になってしまったのだけれど、ヨーグルトの中に入れて食べたり、シリアルに入れて食べたりするとちょうどいい。

この後、ペンタゴン・シティにある地下鉄の駅直結のショッピングモールに行き、スーツケースを購入(母が実家から持ってきた古いスーツケースの車輪がおかしくなってしまったため)。そのモールの地下のフードコードで夕食を済ませ、ホテルに戻って一日が終了。ハンバーガーやらホットドックやらが苦手な母は、Panda Expressがひどく気に入ったようで、美味しい美味しいと焼きそばと野菜炒めを食べていました。食べないと元気が出ないので、ちゃんと食べてくれてワタクシもほっとしました(しかも安上がり・・・)。

以上で2日目のワシントンD.C.観光は終了。
明日はフィラデルフィア観光をしてからニューヨークへ移動します。
spaceblanket.jpg

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-11