Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

pierrealechinksy.jpgBunkamuraで開催されている『ピエール・アレシンスキー展』に行ってきた。
ピエール・アレシンスキー(1927年~)は、ベルギーの現代美術作家。日本の禅や書道、そして漫画から少なからず影響を受けた作家とのこと。

第1部 コブラに加わって
コブラ(CoBrA)とは、コペンハーゲン、ブリュッセル、アムステルダムの頭文字をとった、第二次世界大戦後の北欧、西欧でおこった前衛的な芸術運動。アレシンスキーは若くしてこの活動に加わっていたのだという。
こちらに展示されていたのは、「職業」シリーズで、身体がハシゴになっている『消防士』など、発想の豊かなものが見られた。

第2部 「書く」から「描く」へ
墨で描かれた、丸く剥いたオレンジの皮を描いた連作が印象に残った。
といっても、その作品の良さがワタクシにはピンと来なかったけれども。

第3部 取り囲まれた図像
ポスターにも使われている「至るところから」をはじめ、中央(または上部)の絵の周り(下部)に、四コマ漫画のように小さな絵を配した作品がずらり。ニューヨークの美術館のホールにも飾られていたという『ボキャブラリー I~Ⅷ』など、大きさも大きな作品が目立った。
『魔法にかけられた火山』など、アレシンスキーは火山を好んで描いたのだという。古今東西(?)、芸術は爆発、なんでしょうか。

alechinsky.jpg第4部 記憶の彼方に
魚拓ならぬ”マンホール拓”を使った作品や、昔の手紙、航空図などの上に新たに絵を描き新しい作品としたものなど、新しい表現方法を模索している様子がわかるものが多かった。

第5部 おとろえぬ想像力
90歳近くになった現在も創作活動を続けているアレシンスキーの最近の作品、円形の作品が目立った。
こちら(→)のフォトスポットに使われていた『デルフトとその郊外』もその一つ。

館内ではアレシンスキーが日本滞在中に撮った『日本の書』というドキュメンタリーも見ることができた。

迫力、勢いのある筆づかいが感じられ、自分の想像力、創造力の赴くままに描いているのかなぁ、、、、という印象。
勝手な想像だけれども、アレシンスキー自身が描いていること自体を楽しんでいるようにも見えた。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-08