Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

アタカマ&ウユニ旅行(8日目) 

2017/03/03
Fri. 22:24

【アタカマ&ウユニ旅行(8日目)】
ラパス → リマ


今日からは帰途につく行程。
ラパス10:30発のLA2563便で、まずはペルーの首都リマへ。
ここでの乗り継ぎ時間が12時間くらいあったので、いったん入国して簡単な市内観光をする。

最初は海沿いにあるラルコマール・ショッピングセンターへ。ここで昼食を済ませ、旧市街へ向かう。
uyuni8-1.jpg uyuni8-2.jpg
uyuni8-3.jpgこちら(↑左)はサンフランシスコ教会
1546年から100年以上かけて建てられた教会で、中にはカタコンベがあるとのこと。木でできた正面のファザードが印象的。

↑右と←は、図書館を兼ねた駅
もともとは駅舎として建てられたが、現在は観光用の列車のみで、普段は図書館として利用されている。天井のステンドグラスが素敵、外にはカフェも併設されていて、なかなかおしゃれな場所だった。

旧市街の中心、アルマス広場へ。
インカ帝国を滅ぼしたフランシスコ・ピサロが造った広場で、スペインの南米支配の拠点となった。
こちら(↓左)は、大司教の住居。木製のバルコニーは、スペイン女性が外を見るため(外から中は見られない)に発展したのだという。こちら(↓右)は、大統領府。TVカメラ&クルーが入っていたので、これから何か会見なりイベントなりが催されるのだろうか。。。
uyuni8-4.jpg uyuni8-5.jpg
こちら(↓)は、カテドラルと広場中央の噴水。
lima2017.jpg

夕食は、ペルーでも人気があるという海沿いのシーフードレストランにて(↓)。
uyuni8-6.jpg uyuni8-10.jpg
紫トウモロコシのジュース(チチャモラーダ)で乾杯し、前菜のセビッチェ(白身魚のマリネ)、メインは魚介のリゾット、デザートはアイスクリーム。
どれも日本人好みの味でなかなか美味しかった(胃薬が効いて、まったく食べられないという状態からは脱することができた)。
uyuni8-7.jpg uyuni8-8.jpg uyuni8-9.jpg

夕食後、リマの空港へ。
深夜便でアトランタへ向かいます。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ポルトガル旅行:5日目(その1) 続エヴォラ 

2014/05/07
Wed. 11:10

【ポルトガル旅行:5日目(その1) 続エヴォラ】


起床後は、せっかくなので修道院を改装したポサーダ内を散策
客室は、修道士の個室を改装したものだったので、それほど広くもゴージャスでもなかった。もちろんスイートルームなどに泊まれば、ぜんぜん違ったのだろうけれど。。。あと、壁が厚いせいか、客室内ではWi-Fiが使えなかったのがちょっと不便だった(ロビー近くの共有スペースでは使用可)。
4-evora1.jpg 4-evora2.jpg
レストランは回廊に設けられていて、素敵な雰囲気(↓左)。朝食(ブッフェスタイル)もこちらでいただけました。
↓右は、フロントから客室へ移動する際の階段。大きなタペストリーは歴史を感じさせるものだった。
4-evora3.jpg 4-evora4.jpg

4-evora5.jpg 4-evora6.jpg
4-evora7.jpgさて、エヴォラ観光は、エヴォラ大学からスタート(↑←)。
もともとはイエズス会の神学校で、ルネサンス期から大学としての機能をもつようになり、それ以来、ここアレンテージョ地方の学問の中心になっている大学とのこと。
2階建ての回廊があり、その回廊はアズレージョが飾られていた。
アズレージョは至るところに見られ、教室の入り口や内部にも。ちなみにこの教室は、バリバリの現役。覗いてみた教室に教授らしき人が座っていてちょっとびっくり(向こうのほうが驚いたかも?)。


続いて訪れたのは、サンフランシスコ教会(↓)。16世紀に建てられた教会で、内部はアズレージョで飾られている。
4-evora8.jpg 4-evora9.jpg
ここの最大の見どころは、教会に隣接して造られた、人骨堂
5000体以上もの人骨で、柱や壁が覆われている(↓)。
ガイドブックで見ていたときは、もっと暗くて狭い場所だと思っていたのだけれど、かなり広々としていて光も入り(その分、人骨がはっきり見える!)、まったく“おどろおどろしい”感じはしなかった。
この場所は、修道士たちが瞑想する場所として造られたらしい。「人はいつか、必ず死ぬ」ということなんかを、考えたりしたのかなー?
4-evora10.jpg 4-evora11.jpg

サンフランシスコ教会を後にして、少しエヴォラの町を散策。
町のあちこちにローマ時代の水道橋のあとが見られ、うまく家屋や店舗に利用されていたりした。
4-evora12.jpg 4-evora13.jpg
水道橋は町(城壁)の外にまで続いている。ホントにこういうのを見ると、ローマ人ってすごかったんだなぁ・・・と思ってしまう。そして、道路を造るには邪魔になるだろうに、こういうものを残してくれているエヴォラの町の人々にも感謝の気持ちがわいてくる。ま、ホントに邪魔なところは取り壊したりしたのだろうけれど・・・
4-evora14.jpg 4-evora15.jpg

まだまだエヴォラ散策は続きます。
5日目(その2)へ続く。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

【ポルトガル旅行:2日目(その2) 続・ポルト】


1-port17.jpgさて、ボルサ宮に到着(→)。
もともとは、19世紀に建てられ、つい最近まで証券取引所として使われていたもの。ボルサとは、ポルトガルで“株”という意味とのこと。
こちらの見学は、45分程度のガイドツアーに参加してのみ可能で、残念ながら写真撮影不可。
ガイドブックにも記載のあるとおり、“アラブの間”と呼ばれる、スペインのアルハンブラ宮殿を模して造られたという部屋は見事だった。ポルトと友好関係のあった国家や都市などの紋章で飾られた天井の高い解放感あるホール、商業組合の裁判が行われていたという部屋、アフリカや南アフリカから取り寄せた木材が使われた床の寄木細工が見事な“黄金の間”など、なかなか興味深かった。ポルトガルの繁栄は大航海時代で、19世紀にはもうかなり衰えていたのでは?と思っていたのだけれど、ポルトはポートワインがあったので、経済力があったということなのかしら???

1-port18.jpg 1-port19.jpg
1-port20.jpg続いては、ボルサ宮の隣にある、サンフランシスコ教会へ(↑)。
14世紀に建てられた修道院付属の教会で、無骨(?)な外観とは裏腹に、内部は金泥細工(ポルトガルではターリャ・ドゥラーダというそうだ)で飾られていて、ゴージャスな印象。
こちら(←)の、『ジュッセの樹』と呼ばれるキリストの系図は、有名な作品らしい。

そろそろお腹が空いてきたので、レストランの並ぶ川沿いのエリア、カイス・ダ・リベイラへ。
レストランはたくさん並んでいるものの、これ!とピピッとくるレストランがなく、最終的にはドン・ルイス1世橋のすぐ近くのカフェに入店。暑かったのでビールを1杯と、ポルトのB級グルメ“フランセジーニャ”をオーダー(↓左)。このフランセジーニャは、ポルト版のクロックムッシュで、食パンに薄切りステーキとハムを挟み、チーズをかけて焼いたものに、トマトソースをかけたもの。
パンの目が詰まっていてかなりボリュームがあり、ステーキもハムもけっこう塩味が強く喉も乾くので、完食はギブアップ。まさにB級グルメといった食事でした。

腹ごしらえを済ませ、いよいよ、ポルトのシンボルであるドン・ルイス1世橋を歩いて渡る。
1-port21.jpg1-port22.jpg橋のたもとに人が集まっていたので何かと思って見てみたら、観光客の若者が橋からドウロ川に飛び込んでいた!!!(→)

ドン・ルイス1世橋は、ポルトの中心部とドウロ川対岸のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア地区を結んでいる。 Wiki先生によれば、ギュスターヴ・エッフェルの弟子の一人、テオフィロ・セイリグが設計し、1881年から1886年の間に建設されたとのこと。2階建てになっており、2階は歩行者とメトロ用に、1階は自動車と歩行者用となっている。下のほうは歩く距離が短く、のんびり景色を楽しみ写真を撮りながら歩いても、10分もかからないくらい。

1-port23.jpgこちらは、橋からのカイス・ダ・リベイラの眺め。ブラボー!!!な眺めです。

こちら(↓)は、橋を渡りきり、対岸のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアからの眺め。
ラペーロと呼ばれる船があちこちに停まっているが、これは昔、上流の生産地からポルトまで、ポートワインを運ぶために使われていたのだという。今は、観光・観賞用になっている。
1-port24.jpg 1-port25.jpg

1-port26.jpg歩き回るには日差しが強く、暑かったので、1時間ほどのドウロ川クルーズに乗ってみる。

ドン・ルイス1世橋以外の、ドウロ川にかかる橋も観ることができたけれど、ここで若干時差ボケが出たのか、途中うとうとしてしまった。


さて、続いてはポートワインのワイナリーを見学。
黒マントとソンブレロ(つばの広い帽子)のシンボルで有名な『サンデマン(SANDEMAN)』(↓)を訪れる。
英語のツアーは行ったばかりだったようで、次のツアーまで1時間ほど待つことになってしまったので、その間に、さきほど利用したドウロ川クルーズでテイスティングのチケットをもらった、なにやらモダンな感じのワインセラー『ESPAÇO PORTO CRUZ VINHOS』にも行ってみた。
1-port27.jpg 1-port28.jpg
ポートワインは、ルビー、トウニー、レゼルヴァ、コレェイタ、ヴィンテージ、レイト・ボトルド・ヴィンテージ、ホワイト、ロゼといった種類がある。コレェイタ、ヴィンテージ以外(つまりワタクシたちが通常口にするものは)、複数年度のものをブレンドして一定の品質を保っているとのことだった。
サンデマンでテイスティングしたのは、このルビーとトウニー、1杯ずつ。色が全然違うの、わかりますよね?
1-port29.jpg 1-port30.jpg

1-port31.jpgポートワインを楽しんだ後、今度はドン・ルイス1世橋を上(2階)から渡ってみる。
こちらはヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアの眺め。高さがある分、とっても気持ちがいい!!!

1-port32.jpg1-port33.jpg橋を渡りきったところから少し歩くと、アズレージョの美しい教会を発見。
後で調べてみたところ、サント・イルデフォンソ教会という教会とわかった。日曜日だったせいか、それとも18時近くという時間が悪かったのか、中に入ることはできなかったのだけれど、教会内のステンドグラスも美しいらしい・・・ちょっと残念。

1-port34.jpg朝から歩きっぱなしでけっこう疲れていたこともあり、いったんホテルに戻って休憩。石畳は思いのほか足腰にこたえる(・・・自分の年齢を感じてしまった)。

夕食にはぜひとも、ポルト名物のもつ煮込み“トリパス・ア・モーダ・ド・ポルト”を食べたくて、うろうろとレストランを探し歩いたのだけれど、日曜日は閉まっているレストランが多く、結局断念。

足腰を休め、ポルトの夕景を楽しむべく、再びドン・ルイス1世橋へ向かう。なお、サマータイムにもなっているし、日没は20時半過ぎとかなり遅め。

対岸からのポルトの街並みは、うっとりするほど美しく、ココロが洗われるようでした。
1-port35.jpg

明日は、引き続きポルトを散策した後、午後はコインブラへ移動します。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-11