Small Talk 2

旅の記録 + ちょこっと日常のあれこれ を綴ります

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

【マルタ&シチリア旅行:5日目(その2)カルタジローネ&シラクサ】
(マルタ → ポッツァーロ(シチリア) → モディカ → ラグーサ → カルタジローネ → シラクサ)


さて、やってきたのはこちらも世界遺産ヴァル・ディ・ノート後期バロックの町のひとつ、カルタジローネ
この町は陶器の産地として非常に有名で、先史時代から陶器作りが行われていたのだとか。ギリシャ時代に陶器の生産が盛んになり、9世紀のアラブ時代に入ると、アラブ人によりマジョルカ焼きの技術が導入され、イタリアにおけるマジョルカ焼きの技術はここカルタジローネからイタリア各地へと伝わったとのこと。
車を降りてすぐのところにあったサン・フランチェスコ橋も、陶器で飾られていた(↓左)。
caltagirone1.jpg caltagirone2.jpg
この町の最大の観光スポットは、通称ラ・スカーラ、サンタ・マリア・デル・モンテ大階段(↑右)。
カルタジローネの旧市街と新市街を結ぶために造られた142段にも渡る階段で、垂直部分には一段一段、異なる柄のタイルが飾られている。
タイルの柄はさまざまで、魚や花、唐草模様といったものから空想上の動物?など何やら奇妙なものもちらほら。。。(↓)
階段の踏み石の部分はエトナ山の溶岩で、タイルが崩れないように垂直部分をすっぽり覆う、つまり少し出っ張りのある形状になっている。
caltagirone3.jpg caltagirone4.jpg
こちら(↓左)は階段を登りきったところ=サンタ・マリア・デル・モンテ教会前=からの町の眺め。
陶器の町らしく、町のところどころに陶器による装飾が見られた(↓右)。
caltagirone5.jpg caltagirone6.jpg

ラ・スカーラの両脇には、陶器屋がたくさん並んでいて、ウィンドウショッピングも楽しい(ただし、ワタクシが訪れた時間帯はシエスタ・タイムだったため、営業中の店は少なかったが)。
お店の中で絵付けをやっている人がいたので、撮影させてもらう(↓)。
caltagirone7.jpg caltagirone8.jpg
別の店先に飾ってあったもの(↓左)。店主が日本のアニメ好きなのか!?
caltagirone9.jpg caltagirone10.jpg
こちらは、トンド・ベッキオ(↑)。町中にある小さな演劇場というか、演説などに使われていたらしい。

さて、チャーター車を存分に活用して、本日の最終目的地であるシラクサへ。
シラクサは、ギリシャ(コリント)の植民都市として建設され、その後はアテネと並ぶほど栄えた古代都市。アルキメデスの出身地でもある(太宰治の『走れメロス』の舞台でもある)。
現在の新市街にあたるところには古代ギリシア・ローマの遺跡が残り、旧市街のオルティージャ島にはバロックの建築が立ち並ぶ。古代遺跡があることから、ここシラクサは200年以上もヨーロッパの”観光都市”としての歴史があるという。
siracusa1.jpgシラクサで最初に訪れたのは、新市街にあるネアポリス考古学公園
ここの見どころは、シチリア内で最大規模を誇るギリシア劇場(←)。
紀元前3世紀には1万5千人もの観客を収容できたとのこと。現在でも、夏には古代劇やコンサートなどがここで開催されていて、ちょうどシーズンに入る時期だったせいか、工事・整備の真っ最中だった。

siracusa2.jpgこちらは”天国の石切り場”と呼ばれるところ。
紀元前5世紀の都市拡大の際に建物を造るため、多くの石がここから切り出され、石切り場の一番深いところは、高さが45mにもなるという。

siracusa3.jpgsiracusa4.jpg天国の石切り場の奥にある、“ディオニュシオスの耳”。石を切り出した際にできた洞窟で、高さは60m以上、奥行きも20m以上ある。
洞窟の形が人の耳の穴の形に似ていることから、1608年にここを訪れた画家のカラヴァッジョが名付けたといわれている。この洞窟の中はとても音が響くので、僭主ディオニュシオス一世が捕らえた政敵をここに監禁し、その者たちの話を盗み聞きしたという伝説が残っている。
 
siracusa5.jpgこちらは、古代ギリシャではなく古代ローマの時代の円形闘技場
海戦の催しのときに排水につかった水路や、動物(猛獣)たちが通ったであろう舞台下の通路などが残っていて、なかなか興味深かった。

ネアポリス考古学公園の観光は以上で終了。
この後、宿泊先であるオルティージャ島内のB&Bにチェックイン。ドライバーさんに別れを告げ、ここからは島内を徒歩で観光。
町中に残るアポロ神殿跡(↓左)と、アルキメデス広場にあるアルテミスの噴水(↓右)。
siracusa6.jpg siracusa7.jpg

かなり立派なドォーモ(内部の様子は6日目(その1)へ)、その隣にあるサンタ・ルチア・アッラ・バディア教会。この教会内には、カラヴァッジョの『聖ルチアの埋葬』があるのだけれど、開場時間が短く、ワタクシは今回は見ることができず。
siracusa8.jpg siracusa9.jpg

sirakusa10.jpgこちら(→)は、アルトゥーザの泉
海沿いにあるが真水が湧き出ていて、パピルスが茂っている。そのせいか、シラクサの土産物屋には、パピルスでできた紙のしおりやはがきなどが売られていた。

これで長く盛りだくさんの5日目は終了。
時間の関係で行くのは難しいと思っていたカルタジローネにまで足を延ばせてよかった。
ドライバーさん、長時間に渡り、どうもありがとうございました!!!

明日はシラクサからタオルミーナへ向かいます
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 1

page top

2017-09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。